高値試しを想定しロング

どうも、kenです。
昨日のドル円は下落したものの、その前日の安値を更新できずに終わりました。

そこから安値を試しに行くより、下落したあと高値を試しに行くと想定しロングを仕掛けようと思い準備していました。

チャートを見てみます。

2017年10月20日ドル円

左下の日足はレンジ上限付近。
売りも買いも入りそうなポイントで、昨日は陰線で引けました。

しかし、その前日の大きな陽線に包まれる形になっています。
ここからできる想定は、そのままレンジになるパターンが考えられます。

大きなレンジ上限付近で小さなレンジになれば、上抜けの可能性が高まります。
どこかでロングを仕掛けたいと思いました。

右下の4時間足を見ても、直近は高値切り上げ、安値切り上げの上昇トレンド。
ちょうど押し目買いのポイント付近でもあります。

4時間足レベルで見ても買うのに良い場所です。

右上の1時間足は右肩上がりのWになっていますので、そのネックラインである青いラインを抜けたらロングをしようと決めました。

青いラインを抜けて、一度戻して再上昇していくところを狙って、赤い矢印でロング。
直後にグングン伸びてくれたので日足レベルのレンジ上限と思われるところで決済しました。

今日は非常に分かりやすく、エントリーしてからも伸びてくれたので、気持ちの良いトレードができましたね。

4時間足や1時間足も上昇を示唆していますし、5分足ではラインまでしっかり戻っているので、スゴく分かりやすいポイントだったかなと思います。

こういう場面だけやればいいのですけど、そうそう簡単な場面は来ないのですよね。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする