本日ノートレード 狙いは良かったが入るタイミングつかめず

こんにちは、kenです。
今日もいつものようにドル円を監視しながら、入るタイミングはないか探していました。

ず〜っと見ていて、今日はロングで入りたいと思っていたものの、入るタイミングがつかめずノートレードとなりました。

今日は、ノートレードとなってしまった理由、なぜは入れなかったのかについて書いてみようと思います。

いつものように、まずは日足です。

2017年11月2日日足

日足はこんな状況です。

上昇トレンドなのは間違いありませんし、直近も陽線が2本出ていて上昇中。
このまま上昇トレンドが継続すると仮定するなら、直近高値を抜けて高値更新するはずです。

そうじゃなくても、一度高値を試しに行く動きになると想定。
今日はロングで攻めると決めました。

次に考えるのはどこで入るか、タイミングです。
1時間足を見ながら入れそうなポイントを探しました。

しかし、どこではいるのがベストかイマイチつかめません。
全体のチャートがこれです。

2017年11月2日ドル円マルチタイム

右上の1時間足を見る限り、青いラインのレンジなのは分かります。
なので、その下限あたりから入りたいのですが、左上の5分足を見ると、下限ラインにタッチした後、赤い四角内ので動きとなっています。

このどこかで買いたかったのですが、一度下値を試しに来るのを待っていたら上がってしまったという状況です。

入ることが出来ませんでした。
終わってから見ればどこではいるのがベストだったのかは一目瞭然ですが、この時はロングエントリーの判断は出来ませんでした。

せめてもう一度ラインタッチするとかしてくれれば入れるのですが、これではちょっとkenには難しいですね。

その後上昇しているだけに無念です。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする