FXのトレンド確認方法!わかれば難しくありません

こんにちは、kenです。

FXで勝つにはトレンドに乗れとか、トレンドフォローが良いとか、トレンドはフレンドとか色々いわれているトレンド。

私は昔、いざトレンドに乗ろうと思ったとき、どこがトレンドなのかよく分からないという問題を抱えていました。

そもそもそのトレンドの確認方法がわからないのです。

そこで今回は、私なりのトレンド確認方法について記事にしてみたいと思います。
一つのポイントだけ見ればトレンドは比較的分かりやすく確認できると思います。

FXでのトレンドの確認方法

FXのトレンドの確認方法ですが、見るべきポイントはたった2つです。

まずは上昇トレンドなら高値が切り上がり、安値も切り上がっているかどうか。
高値も切り上がり安値も切り上がっていれば、それは上昇トレンドと言えます。

そしてその逆で、下落トレンドは高値も安値も切り下がっている状況なら下落トレンドだと確認できます。

ただし、一つ注意して欲しいのが、直前のトレンドが終わっているかどうかです。

見て貰いたいポイントは1つ。

上昇トレンドの確認をするのなら、最安値を付けた一つ前の高値を超えたかどうかです。
これを超えてないと直前の下落トレンドが終わっていない可能性があります。

言葉だけでは分かり難いので、チャートを見てみましょう
チャート左側が下落トレンドですが、最安値を付けた直前の高値、赤い矢印の高値ですが、そこを超えるまでは下落トレンドは続いています。

下落トレンドの終わり

なので、ここを超えずにいくら高値と安値が小さく切り上がろうが、それは下落トレンド中の戻しの局面でしかないと判断している人が多いと思います。

この場面で上昇トレンドを確認するには、高値と安値の切り上がり+赤いラインを超えたかどうかの二つの条件が必要だということです。

逆のパターンも見てみましょう。
チャート左から上昇してきて最高値を付けた直前の安値が赤い矢印の所。

下落トレンドの確認方法

そこをしっかり割り込む+高値と安値の切り下がりを確認して、初めて下落トレンドを確認できます。

そんなに複雑なことではないので、この2つのポイントに注目するトレンドの確認方法が、最も世間で一般的とされる方法だと思います。

つまり、みんなこうしたところを基準にトレンドを確認しているというわけです。

複数時間足がトレンドの確認を難しくしてる

トレンドがわかればトレンドに乗って勝つのも難しくないじゃん!そう思うのは当然ですが、実際はそんな簡単にいきません。

その理由は単純で、FXには複数の時間足があるからです。

例えばこのような局面。
左が1時間足、右が日足です。

日足と1時間足

右の日足で見るとレンジの中で、さらに小さな値動きになって赤丸部分、とてもトレンドがでているようには見えません。

しかし、その赤丸部分を左の1時間足で見ると、大きな上昇トレンドの後、下落トレンドに入っています。

ここがFXのトレンドの確認方法の難しいところで、1時間足でトレンドがでていたとしても、日足レベルではレンジの中だという認識を持たなければ行けません。

つまり、所詮レンジなので1時間足ではそんなに長い間トレンドはでないよということです。
この認識を持たないと、1時間足でいつまでもトレンドを追いかけて、高値掴みや安値掴みをしてしまいます。

こうしたレンジで入る場合は、1時間足のトレンド初動に限定するなど、あまり下位時間足で発生したトレンドを長い間追わない方が良いです。

以上、FXでのトレンドの確認方法でした。
1つの時間足のトレンドの確認はそんなに難しくはないのですが、上位の足にも下位の足にもトレンドは発生していて、上位の足のトレンドが優先される可能性が高いです。

なので、複数の時間足でトレンドをみてエントリーポイントを考えなくちゃいけません。
これがFXを非常に難解にしている原因の一つなんですよね。

トレンドの確認方法自体は今回お話しした方法で通じるので、後は複数の時間足をみて検証を重ねてみてください。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする