FXでの予想の仕方 私の場合基本は簡単です

こんにちは、kenです。

前回、FXは予想も必要だということを記事にしました。
先の動きを想定する必要が私はあると思っています。

もちろん100%当てられるわけじゃありませんが、収支をプラスにできる程度には予想は可能かなと思っていて、実際それで良い結果が出ています。

では、その予想をどうやってするのか、今回は私の予想の仕方について記事にしてみたいと思います。

基本は実に簡単で、後はどう相場を見るかということかと思います。

FXの予想の仕方

FXの予想と言ってもどの程度のスパンで予想するかという問題もあります。
正直、私は長期的な予想はほとんど当たらないと思っています。

ほとんど当たらないというか、上がるか下がるかなので結局50%になってしまうことでしょう。

これは、プロの証券マンやアナリストの見解をみていればわかります。
毎年、モーニングサテライトで年始めに1年間の値動きを予想するんですが、ほとんどの方がまず当たらない。

予想の自信度なども、朝のモーニングサテライトで発表してましたが、どの方も自信なし、プレッシャー大と答えていました。

非常にファンダメンタルズを多角的に、我々より多い情報量を分析する人でもそんな感じですから、我々に長期的な予想を完全にするなんてまず無理です。

そこで重要なのが予想のスパン。
長期的な値動きは無理でも、ある程度短期の値動きで限定した場面なら、意外と予想も難しくなかったりします。

その場面を狙うわけです。
私の場合、予想は日足で行います。

日足の予想の仕方

私の予想の仕方は実に簡単。
基本的にデイトレードを行うわけですが、知りたいのはその日上がるのか下がるのか、どのような動きをするのかです。

デイトレードならそれで十分。
それを日足で見ていきます。

下の日足を見てください。

FXで日足の予想の仕方

極単純ですが、赤枠が下落トレンドでどうみて陰線率が高い部分です。
青枠は上昇トレンドで、どう見ても大半が陽線。

上昇トレンド中は陽線が多くなり、下落トレンドは陰線が多くなる。
これを活用します。

ポイントは3つ。
その日陰線なのか陽線なのかを判断するために3つのポイントに注目してます。

下落の場合は以下のポイント考慮していて、陽線の場合は逆です。

  • 現在は下落トレンドなら陰線出現率が高い
  • 前日が陰線なら今日も陰線の可能性が高い
  • 前々日と比べて、前日の安値も高値も切り下がってると今日は陰線の可能性が高い

つまり、下落トレンド中で、前々日より前日の安値と高値が切り下がっていて陰線なら、今日も高値と安値を切り下げた陰線になる可能性が高い。

例えば分かりやすいところならこの局面。

日足で当日の動きの予想

赤い矢印の陰線で直近の安値を割り込んで、下落トレンドの可能性が高まっています。
もちろんどこからが下落トレンドなのか、人によって見方はあると思いますが、大きな陰線で直近安値を下回り、MAも下回っているので、下落トレンドの可能性は高まっています。

赤い矢印の足はその前日の足と比べて、高値も安値も切り下がっている陰線且つ直近安値を割って下落の可能性が高まっています。

ですから、その次の1個目の青い矢印の足は高値も安値も切り下がる陰線になる可能性が高いと予想できます。

そこからずっと高値と安値を切り下げた陰線が続いているので、陽線がでるか高値安値を切り下げなくなるまでは、ずっと陰線が出る可能性が高く、毎日売り予想で勝負できます。

これが私の日足の予想の仕方。
タダこれだけです。

上昇の場合は逆で、この条件に合致しない場合は下位の足で流れを見るか、見送るかですね。

非常に単純でわかりやすいと思います。

予想だけではトレード出来ない

今回、日足の予想の仕方について書きましたが、予想だけでトレードするのは難しいです。
というのも、問題はどこでエントリーしてどこでエグジットするかですからね。

いくら陰線陽線を言い当てても、それがどこまで行くかもわからないし、どのような流れで作られるかもわからないです。

陰線だと思ったから適当などころで売ると、その後いったん上昇して損切りにかかってから陰線を作りに下落していくなんてことも起こりかねません。

この予想を元に、実際どんな動きになったらエントリーするか、そのあたりを想定して、その通りエントリーすることで勝率を高めることができます。

そこがいわゆる手法といわれる部分です。
その日が陰線になると思うのなら、売りの手法、サインだけ採用すれば良いということです。

予想と想定(手法・エントリーサイン)を組み合わせることで、かなり高い精度で勝負できるようになるので、やはりFXでは予想することも大事かなと私は思います。

以上、私のFXでの予想の仕方でした。
これだけが答えではないので、自分で色々検証してみてください。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする