FXで思惑と逆に行く!面白いほど逆行する理由

こんにちは、kenです。

FXで勝てない時期に良くあったことなのですが、自分がエントリーすると、レートが思惑の方向と逆に行くってことが何度も何度もありました。

まるで自分のポジションを相場が見ているんじゃないかと思うほど、エントリーする度に逆に行く。

ここまで何度も繰り返すと、面白いと思えるほど逆に行くわけです。
今思えば、当然だったのかなと思う気持ちもあります。

何でそんなことが起こってしまうのか、今回はその理由や改善策を記事にしてみたいと思います。

FXでエントリーすると思った方向と逆に行く理由

レートが逆に行ってしまう理由ですが、単純にエントリーする場所が悪いからです。
一般的に考えれば、トレードというのはこれから思った方向に動き出すところ、もしくは動き始めてこれから大きく動くところで入らなきゃいけません。

しかし、当時の私は、ある程度動いて一息ついたところで入っていたのです。

最もありがちなのが、下のチャートの矢印のところなんかでのエントリーです。

エントリーしたら逆に行くところ

前回安値を割り込んで、よし下落トレンド継続だ!ショートエントリーだ!と思って矢印のところでショートすると、見事に逆行して損切り。

また、安値更新したからエントリーだ!とショートすると逆に行く。
これを繰り返して、下落トレンドでショートしてるのに、全て負けてしまう。

こんなことが頻繁に起こっていました。
もうこれは単純にエントリーが悪いということになります。

エントリーすれば逆に行くというのは実は良くあることで、今は常勝トレーダーとなっているようなスゴいトレーダーさんなんかも皆経験していることです。

皆経験しているということは、本で読んだ知識や一般的に勉強する知識でそのままトレードすると、エントリー後の逆行は起こる物なのです。

よく考えると当然で、熟練の相場参加者はどうやって人の思考の裏をかいて利益にするか考えています。

初心者が勉強した知識、一般的な常識の裏をかいて利益を出していくわけですから、一般常識通りに、何の対策もなくそのまま素直にトレードすればその餌食になってしまうのです。

逆に行く場所を逆手に取る

もしエントリーする度に逆に行くのなら、それがある意味優位性のある場所なのかもしれませんので、検証する必要があります。

私の場合、あまりにエントリーから逆行するので、なぜなんだろう、逆にエントリーすれば儲かるんじゃないかと思って検証してみたことがあります。

ちなみに、ロングだと思ったらショート、ショートだと思ったらロングするという、思惑と逆にポジションを持つという方法だったんですが、これはなぜか上手くいきませんでした。

なので、思ったのと逆の方向にポジションを持つという考えはまず捨てました。

でも、エントリーすれば逆に行くというのは毎回起こること。
ここで発想の転換が必要なのですが、逆に行くのならそこは利確の場所として考えるべきだという答えに行き着きました。

これが大正解だったと今は思います。

今までエントリーしていた逆行するポイントで利確するには、どこでエントリーすれば良いか、現在の私のトレードはこの考え方に基づいています。

今まで、エントリーすれば逆行していたというのは、よく考えれば、そこは最高の利確ポイントにもなり得るわけです。

なので、それ以来先ほどのチャートの矢印のような部分では、利確するようにしています。

一見下落トレンド継続で、ドンドン落ちていくように見えますが、たいていの場合安値更新したときは一度戻しています。

相場は波形を描きますから当然です。
たまに、安値を割り込んだ際に、急激に下落する局面もあり、それが頭の中にイメージとして残っているのでドンドン下落するように思えますが、実際は安値や高値更新の後は逆行することがほとんど。

なので、安値や高値の更新は利確のポイントだったわけです。

FXでは逆に行くポイントは利確ポイントにする

安値や高値の更新に限らず、ポジションを持てばレートが逆に行くという場合、よくよく見ると理由があります。

そして、その理由を考え、その逆行するポイントを利確ポイントに出来るようにエントリーポイントを調整してみてください。

普通はエントリーポイントを探して、そこから利確ポイントを決めるものですが、その定石通りやっていても勝てないから今があるのだと思います。

だったら、今までエントリーポイントだと思っていたところは利確ポイントにする。
そこで利確するには、どこでエントリーすれば良いかを考える。

これで、今までの負のスパイラルからは抜け出せると思うのです。
少なくても私はこの方法で抜け出せました。

エントリー後に毎回逆行するという場合、単純にそこはエントリーには向いてない場所ですから、利確のポイントとして使うというのがベストかと思います。

エントリー後に逆に行くのなら、逆にポジション持てば良いじゃんと思うかもしれませんが、これは先ほども書いたようにまず上手くいきません。

もちろん上手くやれる方もいますが、いわゆる逆張りになってしまったりするので、トレンド相場なんかになればやられます。

それに、そんなポジションを逆にするなんて発想誰でも思いつくものです。
でも誰も成功していないと思います。

誰でも思いつくことをやっていては勝てないのが相場。
利確ポイントとして使ってみてください。

逆行にあわないためにも相場の基本を学ぶのも大事

こうしたことが起こると改めて思うのですが、相場の基本というのを学ぶのは非常に大切です。

相場の基本というのは、相場参加者の考えの根幹にある部分というのでしょうか。
相場全体の値動き、繰り返しやすいパターンなどの勉強です。

本などで学んだものとは少し違う、本当のプロのトレーダーの目線でのもの。
そういった基本をマスターできれば、相場が次にどう動くのか、だんだんわかるようになります。

相場参加者が悲鳴を上げて損切りになる場所、皆がストップを置いてて一方向に動きやすい場所、そういう場所がわかれば、それを狙って自分のポジションを持つことができます。

こうした相場の基本の部分は、やはりすぐには身につきませんが、ある程度勉強することは可能です。

勉強にはプロトレーダーの講座や教材がお勧めですが、どんな教材でもいいわけじゃありません。

何万円もする教材の中には、詐欺的な物、当たり前のことしか書いてないようなものもありますから、それにお金を使うのは無駄です。

私のお勧めの教材もあります。
相場の基本の部分が学べ、手法も学べるもの。

ある程度しっかりした教材でなければ勝てるようになりませんし、変な教材を買うとノウハウコレクターのような状態になってしまうこともあります。

しっかりと基本から教えてくれる教材を選ぶのが良いと思います。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする