FXで暴落対策はどうしたらいい?私が採用する3つの対策

こんにちは、kenです。

FXでは時として暴落と呼ばれる急落が起こります。
それを知らずにポジションを持ったままにしていると、この暴落に巻き込まれて大損する可能性もあります。

今回は、そんなFXで起こりうる暴落への対策について書いてみたいと思います。
必ずいつかは起こりますから、何かしら対策をしておかなければ痛い目を見ますからね。

私も必ず対策していますので、その対策法についてまとめてみました。

FXでの暴落対策に有効なもの

FXの暴落対策に有効なものは、私は3つあると思っています。
その3つの全てを採用するのがベストですが、無理なら最低でも2つは対策しておきたいところ。

まずは、私が思う暴落対策3つについて詳しく説明したいと思います。

ストップロスを入れる

まず一番重要なのはこのストップロスを入れるということです。
これは必須とも言える対策で、特に相場から目を離す際は絶対に入れてください。

ストップロスを入れておくことで、思わぬ暴落でも機械的に損切りすることができます。

裁量で損切りしようと思うと、もうちょい戻ってから・・・なんて気持ちになってしまい、結局損切りが遅れて損失を広げてしまうということにもなりやすいです。

なので、必ずストップロスをポジションを持ったら同時に入れておくことが良いです。

私もポジションを持ったら必ずストップロス注文入れておきます。
これで損失はいくらになるか、ほぼ確定しますからね。

たまにレートが飛ぶような暴落もありますが、それでも初動であれば損切り注文きちんと通ると思います。

ポジションを小さくする

もう一つの対策はポジションを小さくするという方法。
資金に対してできる限りポジションを小さくすることで、暴落の際の被害を最小限に抑える方法です。

100万円に対して1万通貨くらいなら、仮に10円暴落しても資金の1割の10万円の損失ですみます。

これも対策としては有効。
ただし、想定を超えるような大きな暴落の場合はやっぱり損失は大きくなります。

それにポジションを小さくするということは、利益も小さくするということ。
私はトレードスタイルの都合も合って。ポジションサイズを暴落対策に用いることはあまりないです。

ただ、有効ではあるので、比較的長期的にポジションを持ちたいという場合は、サイズを小さくして暴落の被害を最小限に抑えることをお勧めします。

当然ですが、これと合わせてストップロス注文を入れることで、暴落時に2重の安全策が講じられるので、被害はかなり小さく抑えることができます。

長い時間ポジションを持たない

最後がポジションを持つ時間をできるだけ短くするという方法。
これは私も採用しています。

1時間だけポジションを持つのと、1週間持つのでは、暴落に合うリスクが全然違います。

それこそスキャルピングのように数分しかポジションを持たないような場合、暴落に巻き込まれることはほとんどありません。

むしろ暴落は利益を出すチャンスとさえ思えるでしょう。

ポジションを保有している時間が長ければ長いほど、暴落被害に遭う可能性は高くなりますから、対策としてできるだけ長くポジションを持たないという方法は有効です。

しかし、長期投資の場合そうもいきません。
その場合、ストップロスとポジションサイズを小さくすることで暴落に備えると良いと思います。

当然ですが、これも単体では使わず、ストップロスと合わせて使うことで被害を最小限に抑えることができます。

暴落対策は2つ採用する

FXでの暴落対策には、先ほど紹介したも3つのうち、必ず2つは採用するようにしてください。

どれを採用するかは投資スタイルによります。

長期投資の場合はストップロスとポジションサイズを小さくするものを。
短期トレードの場合はストップロスと長い時間ポジションを持たないようにすること。

この組み合わせで採用するのが良いと思います。
これは単純に、長期投資の場合は長い時間ポジションを持たないということは不可能なので残りの二つを。

短期投資の場合はポジションサイズを小さくすると、リターンが小さいのでそれ以外を採用しています。

短期の場合でポジションサイズを小さくすると、とれる値幅が小さい分利益も非常に小さくなり、トレードの旨味がなくなってしまうからです。

この2つを組み合わせて対策することで、暴落のリスクを完璧ではないのにして、限りなく減らすことができます。

私は10年以上・・・、リーマンショックよりずっと前からトレードしていますが、この方法で大きな損害を受けたことはないので、今のところ暴落対策としてはかなり有効な方法だと思います。

以上、FXでの暴落対策についてまとめてみました。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする