FXはローソク足の分析が大事!勝つために行う分析法

こんにちは、kenです。

FXではローソク足の分析が非常に重要になってきます。
私もファンダメンタルズなどはあまり考慮せず、ローソク足の分析のみでトレードしています。

もちろん大きなイベントや要人発言、相場の雰囲気などを意識していないわけではありませんが、あくまでトレードをしない場合の参考にする程度で、トレード執行に関してはローソク足の分析のみでの判断です。

やはり勝つためにはローソク足の分析は必須です。
今回は、そんな私がどうやって分析しているのかなどを紹介しようと思います。

FXでのローソク足の分析に必要な知識

実際にローソク足の分析をしていく前に、絶対に覚えておいてほしいことがあります。
事前に覚えておくべき知識というのでしょうか。

それは、チャートパターンとローソク足の形状です。
この二つはしっかり覚えておいてください。

覚えておくべき形状をお話しします。

チャートパターンを覚える

まず覚えておきたいチャートパターンですが、以下の3つになります。

  • ダブルトップ・ダブルボトム(W,Mの形状)
  • トリプルトップ・トリプルボトム(三尊)
  • ディセンディングトライアングル・アセンディングトライアングル

最低限この3種類を覚えておけば十分かと思います。
チャートパターンはこれ以外にもあるんですが、あまり沢山覚えても使えないので、この3つに限定します。

これらのチャートパターンがどんな物かわからないという場合は、以下の記事で詳しく解説しているので読んでみてください。

こんにちは、kenです。 チャートパターンはFXを始めて1年目くらいに概ね覚えました。 それくらいFXでパターン認識は非常に重要です...

もし知っているということなら、改めて勉強する必要はないです。
実際のチャートでも、これらのチャートパターンはでてきますし、特にダブルやトリプルは非常に重要な売買サインとなります。

重要なローソク足の形状

もう一つ重要なのはローソク足の形状です。
これに関してはさほど難しいことはないのですが、重要なのは髭の長さ。

こんな髭の長〜い足には非常に注目しています。

髭の長いローソク足

長い髭は、一度安値や高値を更新したにもかかわらず、強い勢いで戻されたことを示しています。

つまり、そこは転換の可能性のある場所。
なので、転換の初動を捉えるのに役立つサインとなります。

特に日足レベルでしっかり見ているのですが、5分や1時間足足などの執行時間足でも注目すべきローソク足です。

この足が出れば転換するかもしれない、もしくは勢いよく進むかもしれない、そんなことを感じさせるものです。

常にこの足の出現は注意してみておく必要があると思います。

上位足で相場の動きを分析

では実際の分析に入りたいと思います。
まずは上位足の分析です。

上位足の分析は最低でも4時間足以上、できれば日足や週足で行うのが良いと思います。
私は日足で行っています。

日足で行う理由ですが、単純に最も沢山の人が見ている足で、最も意識されていると思う足だからです。

デイトレードをする人も、スイングトレードをする人も、ある程度長期的な投資をする人も、誰もが見ているであろう足が日足です。

なので、上位足の分析は日足で行っています。
実際に何をするのかというと、今日の足の形状はどうなるだろう、これを分析しています。

例えば、この長い髭の足の次の日にトレードをしたいとします。

下髭の長い日足

この場合、数日前から陽線が続いていて、前日は長い下髭の陽線になっている。
なので、今日も陽線になる可能性が高い。

そんな感じで分析します。
当然ですが、その日はロングのみ仕掛けます。

もし売りのサインがでても無視できます。

続いて、下記の矢印の足の次の日にトレードしたいとします。
矢印の足まで確認できてるという状態ですね。

揉み合い中のローソク足

この場合、前回安値付近で数日もみ合っているのがわかります。
陰線陽線を繰り返していて、どう見ても方向感がありません。

実体より髭も短く、近くのローソク足の実体サイズと大きな差もないです。
典型的なレンジ。

なので、この次の日はこのレンジの高値付近に来たらショート、安値まで落ちたらロングという戦略を立てることができます。

具体的なポイントは下位足を見るとして、上位足ではこうした大ざっぱな今日のトレード方針を決めています。

もっとも重要なのはこの上位足の分析にあると思っています。

もっと複雑な複数のローソク足を組み合わせた分析もありますが、正直そこまでする必要はないし、そこまでしたからと言って勝率が高くなるわけでもないと思います。

こうした髭や実体のサイズなどを分析するだけで十分です。

エントリータイミングをローソク足で分析

そして最大の問題と思われがちな、エントリータイミングもローソク足の分析で決めます。
エントリータイミングに関しては様々な方法があると思います。

ローソク足自体を分析して、エントリーのタイミングを取る方法。
ラインを引いて、そのラインを元にタイミングをとる方法。

または、様々なテクニカル分析を用いてタイミングをとる方法。
これは人それぞれ好きな手法で構わないと思います。

先ほどの上位足の分析さえしっかりやっていれば、その方向性に応じたサインのみ採用して行けば良いと思います。

色々な方法があるものの、一例を挙げるのならチャートパターンを用いた分析です。

チャートパターンを用いたエントリー方法

こうしたローソク足のチャートパターンを利用してエントリーするというのも一つの方法。
チャートパターンとラインを引いて、そのライン反発でエントリーという方法ですね。

もちろん、これ以外に移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカル分析を使っても良いです。

私はエントリーには基本こだわらないというか、きちんとルールを決めて入るのなら絶対これじゃなきゃダメというのはないと思っています。

その人に合った方法で行うのが一番で、私の場合は上記のチャートパターンとラインを用いています。

必ず上位のローソク足で今日の方針を決める

必ずすべきなのが上位ローソク足を使って方向性を決めるということです。
先ほど書いたように上位足をみて、今日はどのような方針でトレードするのか、そのプランを立てます。

上位足は日足だけではなく週足や4時間足でも構いません。
いずれかの足でしっかりその日のトレードプランを立てるわけです。

そして、それに沿って実際にトレードする1時間足や15分足、5分足などを分析し、エントリーのポイントを探っていきます。

ローソク足の分析といってもそこまで複雑なことをする必要はなく、前日とその少し前までのローソク足をみて、その日どう動くのかという分析と、実際に執行する足はチャートパターンなどを組み合わせて、エントリー時にローソク髭などを見るのも良いと思います。

FXでローソク足の分析というと非常に複雑なことをするように感じますが、実際はこの程度で十分良い結果は出せるものです。

以上、FXでのローソク足の分析について私なりの見解をまとめてみました。
FXには絶対の方法などはないので、これもトレードの参考の1つにして貰えればと思います。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする