FXは勉強すれば勝てるのか!10年勉強し続けた結果

こんにちは、kenです。

FXで勝つためには勉強が必要などと言うのは何度も耳にしたことがあると思います。
しかし、いくら勉強してもなかなか勝てないという人も少なくないはず。

そこでこう思うはずです。
FXは勉強すればか勝てるというのは本当なのか、いくら勉強しても才能がなければ無理なんじゃないか。

私もそう思いました。
そう思いながらも勉強を続けた結果どうなったのか、今回はFXの才能がない私が、勉強し続けた結果勝てるようになったのか、実体験を含めてお話ししようと思います。

FXは勉強すれば勝てる!ただしその期間は人による

まず最初に書いておきたいのが、FXは勉強すれば勝てるようになるというのは事実だということです。

それは私が良い例で、全く才能のなかった、トレードをすれば驚異的な確率で負けるという、負ける才能があった私が勝てるようになったからです。

ただしです。
確かに勉強すれば勝てるようになるのは事実、でもその勝てるようになるまでの勉強にかかる時間、期間は人によって大きく違うのです。

それこそ私のような凡人どころか、才能の欠片もない、むしろ負ける才能があるんじゃないかと思えるような私でも10年ちょっとの勉強で勝てるようになりました。

この間、FXを諦めようと距離を置いてた時期もありますし、必死に勉強していた時期もありますので、10年間ずっと勉強し続けたわけではありません。

それでも、時間として10年ほどあれば勝てるようになったのです。
逆に言えば、本当に才能のない負け体質の私のような人は、10年くらい勉強しなければ勝てないということでもあります。

才能のある人なら1〜2年の勉強で勝てるようになるって場合もあります。
私の周りでもそういう人は沢山いました。

才能のある私より後にFXを始めたトレーダーさんが、結果を残していくのをみてかなり悔しい思いをしました。

これってFXに限ったことではないと思うのです。

何か一つの仕事で食べて行こうと思ったとき、お笑い芸人でもタレントでも俳優でも、スポーツ選手でも何でもそうですが、会社員以外の、人と競って人より活躍することで報酬を得られる世界なら同じかと思います。

才能のある人なら数年で活躍して十分な報酬を得られるし、才能のない人は努力を続けて、長い人なら何十年頑張っても日の目を見ない、そんな人は沢山います。

それでも諦めなければ、いずれ日の目をみる可能性があります。
その期間は人それぞれで、20年諦めず続けて日の目を見たという人もいるわけです。

とにかく、才能や運がなければ長い時間がかかるというものなのは間違いないです。
ただし、先ほども書いたように、才能がある人なら苦労しつつも1〜2年で稼げるトレーダーになる場合もあり、私はそういう人を多く見ています。

3〜4年で稼げる人、5年やって稼げるようになった人、様々ですが、私の場合は10年ちょっとかかったという感じです。

勉強すれば勝てるというのは事実だと思いますが、その期間は何年かかるか、人によって大きく違うので、地道に勉強が必要だと思います。

FXで勝てるようになる勉強方法

では、どのような勉強をすれば勝てるようになるのかですが、10年以上苦しんだ私の経験では、やはり相場の基本を抑えるというのが重要です。

どうして値段は上がるのか、どうして値段が下がるのか。
このどうしての部分からしっかり勉強する必要があります。

言葉で言えば買う人が多ければ上がるし、売る人が多ければ下がるわけですが、なぜその局面で買う人が多くなるのか、売る人が多くなるのかを理解出来なければ勝てるようにはならないと思います。

これは言葉で説明できるものとできなものがあります。

その相場の背景にある人間の心理、この部分を相場から読み取ることで、相場の流れや値動きなどを想定できるようになるというのも勝つためには重要なポイント。

いわゆる勝負事の心理戦という一面はFXでもあるのです。
この心理戦で勝つための方法は、言葉や文章でかけるものではなく、時間を掛け相場と相対することで掴んでいくもの。

だから勝つまでに時間がかかるわけです。

相場の値動きや流れを想定できれば、あとはそれに合わせてポジションを持つだけです。
言うのは簡単ですがこれを理解するのはかなり難しい。

野球で考えて貰うとわかりやすいかもしれません。

熟練のバッターはピッチャーが次にどこにどんな球を投げてくるかわかるときがあるようです。

素人はもちろん、プロに成り立てでもそうそうこれがわかるような場面はきません。

相場でも似たようなもので、次にどんな動きになるかわかるときがあります。
そこを狙うのですが、しっかり勉強や経験を重ねなければそれがわかるようにはなりません。

次に相場がどう動くかわかる場面ができるまで、相場で勝つことはできないと思います。
これは例えどんな手法を使っていてもです。

FXの勉強でよくある勘違い

FXの勉強で良くある勘違いですが、一つの手法を感情を殺してひたすら繰り返せば勝てるようになるはずだと思っている人が多いように思います。

私もそう思っていました。
なので、手法は何も考えずに淡々とやるようにしていたのです。

特定の条件下で、ある決まった手法を繰り返せば、勝ち負けを繰り返しながら利益を残せる。
そんなことが良く言われますし、実際に行われていることのように思います。

なので、そんな勝てる手法を知るために色々教材を購入し、試して駄目なら他の物と色々やっていく。

これは良くあるFXの勉強方法です。

私はこれが完全に間違いだとは思いませんが、基本的に勘違いしていると思っています。
FXは特定の手法を感情を入れずに繰り返してやることで勝てるようになるというのは、間違いではないですが難しいと思います。

所詮人間は感情の生き物。
一部それを完全にシャットアウトしてトレードできる人はいるかもしれませんが、大半の人には無理です。

なので、感情を入れないようにするのではなく、感情を入れた上で勝てる手法を考えなければいけません。

感情を入れたくないのならシステムトレードをすれば良いのです。
人間がやる以上、どうやったって感情は入る。

なので、感情を入れた上で勝てるような仕組み、手法を作らなきゃいけません。

それと勝ててる手法を真似すれば勝てるというのも間違いかどうかはさておき、厳しいことだと思います。

私がトレードを初めて十数年、沢山の勝ってるトレーダーさんを見て、お話しさせてもらいました。

その中に、誰かに教えてもらった手法をそのまま使って勝ち続けている人なんて一人もいませんでした。

一度もそんな人に会ったことがないのです。
つまり、誰かの手法を真似して勝てるような世界ではないということかと思います。

もちろんスタートは誰かの真似で良いと思いますが、最終的にはそこから自分の手法を作り出していくという作業が必要です。

最初に学ぶ手法なども重要で、感情を排してそのまま真似してくださいというような手法は、正直勝てるようにならないと思います。

自分で考え、自分の判断でトレードする、そんな手法を教えてくれる教材が良い教材ですし、良いノウハウです。

私のおすすめはのちほど紹介しますが、きちんとトレードの基礎の部分、なぜエントリーするのかその背景などが学べ、手法自体も優れているものが良いと思います。

それに該当する教材であれば何でも良いのですが、実際数あるFXの教材の中から見つけるのは至難の業なので、実際にそれで勝てるようになったという人が勧めている教材が良いかと思います。

講師もできれば沢山の人を成長させ、勝てるトレーダーに導いてきた人。
沢山の方に影響を与えた現役トレーダーが講師の教材がベストです。

そうした教材を入り口に、自分なりの手法などを作って行くのが良いのかなと思います。
以上、FXは勉強すれば勝てるのかについて書いてみました。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする