FXで助けてください!という悲痛な声を聞くたびに思うこと

こんにちは、kenです。

FXを長くやっていると色々な人に出会います。
その中でも印象に残った人が何人かいます。

そのうちの数人ではありますが、「助けてください」と深刻で悲痛な声を聞いたことがありました。

FXでの負けが大きくなって、どうにもならなくなってしまった方です。
そういった声を聞いたのは1度ではなく何度もあります。

そうした助けてくださいという声を聞くたび、きちんと学んでからトレードすればそんなことにはならなかったのに・・・といつも思ってしまうのです。

今回はFXで助けてくださいと悲痛な状況の方のお話と、そうならないための対策などについて書いてみようと思います。

FXで助けてください!というほど深刻な状況とは

まずは、過去に助けてくださいと悲痛な声を聞いた際の、その方の状況です。
何度か聞いたことがあるのですが、人によって状況は違いましたが、それでも大きく分ければ2つの状況に分類できるかと思います。

一つは負けポジションが大きくなりすぎてどうにもならなくなった方
損切り出来ない方ですね。

もう一つは、損切りはでいるけど全然勝てない方。
こっちは勝率が悪い方です。

損切りできず負けポジションが大きくなってしまった人の状況

良くある深刻な状況がこの損切り出来ずに負けポジションが大きくなってしまったという場合です。

この方は、本を少し読んでFXを始めて、1年程度のFX歴を持つ方でした。
1年程度勉強&経験を積んだことで、ある程度自信もあったようですし、そこまでそこそこ勝てていて、FXで勝つのはそんなに難しくない、そう思っている方でした。

知識もあるので、本人も自信があったのだと思います。

しかし、あれはリーマンショックの時でした。
常にクロス円をロングで入る方で、損切りをせずに低めのレバレッジでスワップを貰いながらプラスになるまで待つというスタイル。

しかし、リーマンショックは全ての通貨が下落するという恐ろしい状況で、その方も持っていた全てのポジションで酷い負けを喫していました。

金額もウン百万レベルの損失だったようです。

ある程度増やした資金も、この時にすべて失ってしまい、大きな負けポジションをこの時点でも保有していて助けてくださいというような状況でした。

勝率が悪く全然勝てない方の状況

もう一つのパターンは、全然勝てないという人です。
このタイプの人の場合、大きな損失を抱えているわけではないのですが、勉強しても全然勝てるようにならず、精神的に疲弊してしまったいる方です。

いくら勉強しても収支がプラスにならず、心の底からこの状況を改善したいと思っている方でした。

この辛さ私もよく分かります。
なんせ、私もこの状況で、助けて欲しいと思っていた一人ですからね。

とにかくいくらやっても結果が出ない、教材代やコツコツ負ける損失で、じわじわ資金が削られていくという状況でしたから、とにかく辛かったです。

金銭的な損失は前述した人のように大きくはなかったんですが、何年も成長できず状況が変えられず、本当に苦しくて助けてくださいという感じでした。

このような方、非常に多いと思います。
では、それぞれの対策について書いてみようと思います。

しっかり勉強することで損切りを覚える

まずは大きな損失を出してしまう、損切りをしない、できな人の場合ですがやはりちゃんと勉強すべきかと思います。

どこで何を勉強しても、損切りはきちんとするべきと必ず書いてあると思います。

そう、損切りができないと絶対に大きな負けになるときがあるのです。
損切りしない手法というのは、勝率が非常に良いです。

特に、相場が一方方向でその方向で勝負できてるとき、もしくは上下しながらレンジやトレンドが発生しているときも損切りしなければ建値まで戻すことも多く、ほとんど負けません。

なので、損切りしない手法というのは非常に有効で、資金もドンドン増えていくので簡単に勝てるように思ってしまいます。

しかし、そこに落とし穴があるのです。
どんなに勝てても、必ず負けるときが来ます。

相場が一方方向に、しかも損失側にどんどん進んでしまう時です。
これはいつかは必ず起こることで、一生勝ち続けることなんてまずあり得ません。

どこかで、必ず起こるポジションと反対方向にドンドン進む相場。
この時に一気に資金を減らしてしまいます。

何にでも書いてある損切りはすべきというのには、やはり意味があるのです。
しっかり勉強して、損切りさえ学べば防げる事態なので、今一度損切りをする理由から学んだ方が良いかもしれません。

持っているポジションは当然全決済ですね。
そして一からやり直し。

失敗はやり直せないのが相場ですから。

勝率を上げるために検証と改善を繰り返す

損切りができてる方の場合、今度は勝率が悪くなるという問題に当たることも。
この場合、検証と改善を繰り返すことでしか状況を変えることはできません。

いわゆる手法と言われる色々な勝てる方法は試していると思います。
それでも勝てないというのは、その手法を使いこなせていないからです。

使いこなせていない理由は単純で、経験不足、検証不足によるもの。
助けてくださいというくらいですから、それなりに努力も勉強もしてきているとは思いますが、それでもまだ足りないということです。

スポーツでもそうですが、プロになれるのはほんの一握りで、血反吐を吐くような練習をしてきた人だけです。

FXでもそれと同じで、プロとして食べていけるのはごく一部の努力した人だけ。
それ以外の人はやはり負けてしまうのです。

勝てるようになるまでには、それこそ誰かに助けて貰いたいほど大変なときもありますが、誰かに助言を貰ったり、チームで頑張っても良いので、乗り越えるしかありません。

とにかく、沢山経験を積んで検証を重ねて、駄目な部分の洗い出しと改善を繰り返すしかないのが現実です。

以上の点に気を付けながら、やってみて貰えば状況は改善するのかなと思います。
というか、これ以外に改善の方法はないのです。

じっくり腰を据えてやってみてください。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする