FXは危ない?10年以上FXをしていて思うこと

こんにちは、kenです。

FX危ないからやらない方が良い。
そんなことも耳にしますが、本当に危ないものなのでしょうか。

今回は、10年以上FXでトレードを続けている私が感じる、FXの危ないところや、危なくないトレードの仕方など、FXをしていく上で重要な話しをいくつかしようと思います。

10年以上FXでトレードしてきて感じた、これからトレードをしていくのであれば絶対覚えておいてほしいこと、気を付けなければいけないことなので参考にしてください。

FXは危ないの?やり方次第では非常に危険

FXは危ないのかですが、正直以前と違って今はハイレバレッジをかけられなくなったということもあり、そこまで危険なものではなくなりました。

しかし、いぜん危険があるのも事実。
FXでもっとも危ないパターンがいくつかあります。

  • 損切りをしていない(損切りを明確に決めてない)
  • ナンピンしている

この二つのいずれかに該当している方は危険なトレードをしている可能性があります。
まず損切りに関してですが、損切りを明確に決めていない場合、ずるずると負けポジションを保有してしまうことがあります。

これは問題です。
どんどん思惑と反対の方向に進んでいき、ふと気がつけば損失が想定以上に遙かに大きくなってしまう。

そんなことは多々あります。
非常に危険なパターンです。

ただし、非常に低ロットにするなど、きちんと戦略を持って損切りをしていないのなら良いのですけどね。

それなりのロットでそのうち戻ってくるだろうと損切りをしないのは致命的です。
損切りは必ず資金の2%程度に抑えてするようにしてください。

もう一つのナンピンをしている場合ですが、これも計画的に損切りを設定して、そこまでナンピンを行うということなら良いのです。

しかし、計画通りどころか感情にまかせて、逆方向に進んだからといって、どんどんナンピンしていく。

これは非常に危険です。
ナンピンする度にロットは増えますし、どんどんレバレッジも高くなりますから、損切りになった時のダメージが大きいです。

最悪の場合、資金を全て飛ばしてしまう、ということもあり得るのです。
この二つに関してはとくに危険なパターンですし、この二つを同時に行っているいる人は、まさに破産することが多い人です。

良くある1トレードで全ての資金を失う人というは、このパターンが二つとも当てはまっている場合が多いと思います。

FXで危なくないトレードの仕方

では、FXが危ないものなのかというとそんなことはありません。
きちんとルールを決めて行えば危なくないのです。

まず先ほども行ったようにしっかり損切りをきめて、その損切りは資金の2%程度になるようにすること。

そして、ナンピンをする場合もナンピンしたロットを含めて、損切りした場合資金の2%以内になるようにすること。

これさえきちんと決めておけばそうそう大きな負けになることはありません。

ということで、FXで危ないトレードをしないためには以下の点を守ると良いと思います。

  • 損切りを決め損切りは資金の2%以内に抑えること
  • ナンピンした分も含め1ポジションの損切りは2%以内に
  • 1日のトレード回数を決めること(むやみやたらにトレードしない)

以上に3つを守れば危ないことはありません。
損切りに関してはすでに書いたとおりで、しっかり損切りを入れておくことで予想外の損失を防げます。

そして、ナンピンもしても良いのですがナンピン分も含めて損切りを設定するようにしてください。

とにかく1回の負けを小さくすることです。
1回の負けを小さくすることで、一気に破産するような自体になることはありませんし、すぐに資金を溶かすようなことにならなければいくらでもやり直すことができます。

そして次に必要なのが、1日のトレード回数を決めることです。
いくら、1回の負けを2%にしても、1日50回もトレードすれば資金はかなり削れてしまいます。

なので、1日3回までとか、1日2回負けたらトレードをやめるなどルールを別に作って、とにかく短時間で資金をなくすようなことがないようにしてください。

日を置けば頭も冷静になりますし、一晩で資金がなくなるということもありません。
とにかく冷静になるためにも、すぐに資金をなくさないようにしたいのです。

そのためにも1日のトレード回数、もしくは1日の負け額を決めるのが良いです。
1回のトレードで2%の負けで損切りにするのなら、1日の負けは資金の2〜6%あたりが良いと思います。

1〜3回負けたらその日は絶対にやめるのです。
これらのルールをしっかり守ることで、FXは決して危ないものではないと思います。

FXするのならきちんと手法やルールを身につける

FXで絶対にやっちゃいけないのが何となくトレードすることです。
計画もなく、ここで勝てそうだからエントリーしてみる・・・というようなトレードは一番危険です。

どんな方法でも良いので、まずは手法を身につける。
そして、その手法を使ってトレードしてみることです。

実際に手法を使ってトレードするといくつかわかることがあると思います。

恐らくすぐには勝てません。
あれこれ問題が発生し上手く勝てないと思います。

そしたらその問題を一つずつ潰していくのです。
タイミングが悪ければ改善する、チャンスを見逃してしまうのなら見逃さないように監視方法などを変える、決済が良くないなら決済を見直す。

こうして、しっかり使っている手法を軸に試行錯誤していくことで、勝率は上がりますし良い結果も出ると思います。

使う手法は何でも良いと思います。
できれば、きちんと実績があって、勝っているトレーダーさんなどが勧めている手法が良いと思います。

教材で勉強する場合は、販売している本人はいくらでも上手いこといいますから、あくまで他人が客観的に評価している教材などを使うのが良いのかなと。

私もおすすめできる教材がありますので、参考にしてください。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする