FX初心者が知らない逆張りの本当の意味!勘違いしてる人が多い

こんにちは、kenです。

一般的に逆張りは危険、トレンドに乗って順張りで勝負すべき、そんな意見が多いかと思います。

これはあながち間違っていませんが、正解でもないとわたしは思っていて、FX初心者においても逆張りがダメだとか良いとか、そんな決まりやルールは一切ありません。

当然、FX初心者だと逆張りが勝ちやすいとか負けやすいってことも無いはずなのですが・・・、現実には逆張りだと負ける人が多いです。

それには理由があって、逆張りの意味を勘違いしている人が多いように思うのです。
今回は、本当の逆張りの意味と、逆張りで勝つための方法について書いてみようと思います。

FX初心者が知らない逆張りの本当の意味

逆張りってどんなものかそもそもしらないって方、少なくないように思います。
逆張りとは、相場が下落している最中に買う、もしくは、上昇している最中に売る、相場の流れに逆らってエントリーする方法だと答える人が多いと思います。

これは半分正解で半分不正解なのです。
そもそも逆張りというのは、まるで相場の逆方向にポジションを張るトレードと、漢字だけ見れば思ってしまいます。

でも、英語では逆張りのことはカウンタートレードと言います。
逆というのとはちょっと意味合いが違うのです。

逆張りというのは、相場の方向に逆らってエントリーするものではありません。
大きな相場の流れに沿った方向に、目先の動きとは逆にエントリーする方法です。

例えば今のドル円。
左が1時間足、右が日足です。

今のドル円

日足では下落トレンド中ですが、1時間足は下落と上昇が交互に発生しています。
本来の逆張り、カウンタートレードというのは、下の青矢印のようなところで入ることを言います。

カウンタートレードのエントリーポイント

日足の流れに方向に、1時間足で上昇中だけど上げ止まりそうなところ。
これが本来の逆張りです。

逆張りという言葉を聞くと、まるでトレンドに逆らってエントリーするような印象を受けますし、実際そうだと思っている人もいます。

そういった勘違いをしているようなポイントでは、逆張りはやめた方が良いと言われているのです。

でも、実際の逆張りは、小さな執行足では確かにトレンドに逆らうけど、大きな日足などの流れには逆らわない、トレンドフォローの一つだということです。

逆張りと順張りは正反対の手法ではなく、順張りの中の一つの売買方法として逆張りがある、そう思って良いと思います。

だからカウンタートレードという名前がついているのです。
FX初心者が特に勘違いしやすい点です。

逆張りで勝つための方法

では、逆張りで勝つためにはどうしたら良いのかですが単純です。
カウンタートレードをすれば良いのです。

大きな足、今回は日足でしたが、組み合わせは4時間足と15分足とか、1時間足と5分足でもいいので、大きな足のトレンドに逆らわない方向で、小さい執行足はトレンド転換前の逆張りになるようなタイミングで仕掛ける。

これに尽きます。
仕掛け方はそれぞれあると思います。

効きそうなライン付近でMやWの右側で仕掛けるとか、MA反発で仕掛けてみるとか、髭の出現をまつとか、仕掛け方はそれこそ何でも良いと思います。

さすがに落ちるナイフを掴むような、一直線に下落中に買ったり、勢いのある上昇中に売るのは危険なので、下げ止まりそう、上げ止まりそうというポイントで仕掛けます。

そのとき必ず気にしなきゃならないのが、大きな足のトレンドと同じ方向かどうかなのです。
これが、唯一逆張りで勝てる方法だと思います。

FX初心者の方も、もし逆張りを仕掛けるのならこういったポイントになります。

私がカウンタートレードが好きです

私は結構カウンタートレードは好きで良くやります。
メリットは損切りが浅くなるということと、利幅が狙えると言うことです。

上位足を考えずにエントリーのタイミングだけ見るなら、こんなところで入ったりします。

カウンタートレードエントリー例

完全にトレンド転換する前の、逆張りのポイントかと思います。
こうしたところで入るメリットは先ほども書いたように、損切りが浅くて良い点、そしてトレンドがでれば大きく取れる点です。

個人的に好きで良くこういうところで入りますし、トレンドフォローよりエントリーは早い分余裕を持って相場を見ることができます。

逆張りを極めたいと思っているわけではありませんが、もし極めることが出来れば大きな武器になるのは間違いないと思っています。

以上、FX初心者が勘違いしている逆張りの本当の意味についてでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする