FXで移動平均線のおすすめの使い方!何本あればいいのか

こんにちは、kenです。

FX移動平均線を使って勝っているトレーダーは沢山います。
今回は、そんなトレーダーさんを例に、FXでの移動平均線のおすすめ使い方について書いてみたいと思います。

移動平均線の使い方といってもそんなに難しいものではありません。
トレーダーさんによって何本使うかは違いますし、使い方も違うので、代表的なものを紹介しようと思います。

これが全てではありませんが、何かの参考になるかと思います。

FXで移動平均線は何本あれば良いのか

FXで勝つためには移動平均線が何本あればいいのか、まずはそのあたりのお話からしようと思います。

結構移動平均線は何本使えば良いのか、なんて質問ありますからね。
結論から言えば何本でも構いません。

使い方次第なのです。
私の知り合いのトレーダーさんで多いのは1本〜3本。

1本で何千万も稼ぐ人もいるし、2本、3本でそれくらい稼ぐ人もいます。
複数の本数使う場合は、長短、長中短という期間で設定すると思いますが、それぞれ見るべきはトレンドの方向とエントリータイミングです。

長期の移動平均線は大きなトレンドの方向を示すのでその確認に使い、短期はエントリーのタイミングを取るのに使うって人がほとんどです。

中期間の移動平均も一緒に使う際は、3本の移動平均線がパーフェクトオーダーになっているかを見る人も多いと思います。

つまり何本でもやりやすい方法ですれば良いというのが結論で、何本であっても勝てる人は勝てるというのが現実です。

FXの移動平均線でおすすめのパラメーターの期間設定

FXで使う移動平均線でおすすめの期間、パラメーターですが、1本の場合はほとんどの人が20を使っています。

21とか25とか微妙に差はありますが20あたりが多いです。
2本の場合は短期が10〜25、長期が50〜100あたりが多い印象。

何本も複数の移動平均線を使う場合は、短期は10、中期は20〜25、長期は75〜100あたりを使う人が多いと思います。

これも人によって様々なので、一概にこれが良いとは言えませんが、概ねそのあたりの期間設定でやっている人が多かったです。

その移動平均線で何を見るのか、どう使うのかによって多少前後しますが、概ねそのあたりの設定が多いように思います。

FXで勝つための移動平均線の使い方

移動平均線の使い方ですが、これも人によって結構違います。
ただ、移動平均の反発、もしくは抜けてから再び抜き返してくる場面で入る人が多いのは確かです。

1本の場合はこんなところです。

移動平均線20を使ったトレード例

移動平均線に十分傾きが有り、そこに反発、もしくは一度抜けた後すぐに抜き返しているような足です。

こうしたエントリーの仕方をする人がほとんどでした。

2本の移動平均線を使う場合は、移動平均線のクロスも使えます。

2本の移動平均線を使ったエントリー

10と50の移動平均線を使ったチャートですが、長期の50MAでしっかりトレンドがでている場面で、10MAがトレンド方向へ抜いていく場面。

こういうところを狙ってトレードしている方もいました。
トレンドに乗る手法です。

もちろん、ローソク足自体が10MAに反発するところを狙っても良いと思います。
2本移動平均線がある場合は、こうしたクロスするポイントもエントリーチャンスとなります。

では3本の移動平均線を使う場合は何を見れば良いのかですが、これは移動平均線の反発、クロスの他に、パーフェクトオーダーかどうかも見ることができます。

パーフェクトオーダー、つまり、短期、中期、長期が順番通りに並んでいるかどうかです。

このチャートは10、50、100を使ってますが、こんな場面が一番入りやすいところです。

パーフェクトオーダーでのエントリー場面

長期、中期が順番通りに並び、短期がそれを上抜けていくようなところです。
長期の移動平均線が上向きということは、長期的な値動きは上昇トレンド、中期も上向きなので、少し短いスパンのトレンドも上昇。

そして短期の移動平均線が、一度中期や長期の移動平均線に潜り、上位の移動平均線を抜いていくような場面。

こういうところが狙い所になります。
3本の移動平均線を使う場合、反発やクロスの他に、こうしたパーフェクトオーダーの確認もできるため、よりトレンドを掴みやすく精度はあがります。

ただし、エントリーチャンスそのものは減ります。

移動平均線は使い方を極めれば便利なツール

移動平均線の使い方などについて書いてきましたが、移動平均線は使い方さえ極めることができれば、何本であっても使えますし、それで勝てる便利なツールです。

移動平均線1本でも勝っている人もいれば3本使って勝っている人もいますからね。

私が最初に受けたスクールの講師の方は20移動平均線1本を使ってトレードしている方でしたし、私の師匠ともいうべき方は移動平均線2本を使うトレーダーでした。

そして私が尊敬している偉大なトレーダーさんは、移動平均線3本を使ってトレードする方。
いずれも大きな利益をあげていて、尊敬すべきトレーダーです。

パラメーターは皆それぞれ違いました。
つまり、何本使おうが、何を使おうが、勝てる人は勝てるし、勝てない人は勝てないというわけです。

ちなみに、私は移動平均線1本を表示していますが、無くても良いかもという程度にしか使っていません。

移動平均線は使い方さえ間違わなければ非常に強力なツールになるので、一度徹底的に使って検証してみてください。

以上、移動平均線のおすすめの使い方や何本使うのが良いのかについてでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする