FXでおすすめの売買ルールは?長期と短期でおすすめの手法

こんにちは、kenです。

FXをするのならどこで買うか売るかを決める売買ルールを持つことは必須です。
何となく売り買いして勝てる人はいませんからね。

明確にこうなったら買う、こうなったら売るというのを決めるべきです。
そこで今回は、FXでおすすめの売買ルールを長期短期でそれぞれ紹介したいと思います。

FXってしっかりした売買ルールを使いこなすことができるというのが勝つための条件のように思いますので、その参考にしてください。

FXでおすすめの売買ルールに使う手法

まずは売買ルールに手法ですが、いくつか必要なものがあります。
必要なものというのが、ラインと移動平均線です。

ラインは水平ラインはもちろんですが、チャートパターンで形成されるラインも見るので、ライン全般と移動平均線を使うという感じです。

あとは、ローソク足ですね。
これはわざわざ書かなくても誰でも見ているものかと思います。

つまり、売買ルール、手法に使うのは以下の3つです。

  • ローソク足
  • ライン
  • 移動平均線

これだけあれば、長期であっても短期であってもどんなトレードでもできると思います。

売買ルールの手法を決める際に注意すべきことですが、できるだけシンプルにすることです。
取引ルールを複雑にすればするほど難しくその通りにはトレードできなくなりますから、できるかぎりシンプルな手法にする方が良いと思います。

では、それぞれどんなルールで取引するのか、詳しくお話ししていきます。

FXでおすすめの長期のルール

まずは長期トレードのルールですが、非常に単純なルールがおすすめです。
私の場合だとまず見るのは日足です。

日足がどっちに向かって進んでいるのかをまずは見ます。
移動平均線を使って下落トレンドが上昇トレンドなのか判断し、ローソク足で大まかが進行状況を確認します。

例えば日足がこの状態の時の分析をしてみます。

日足の状況

レートは移動平均線の下にあります。
なので下落トレンド。

そして直近のローソク足をみると、安値更新と高値の切り下げを継続していてこれまた下落トレンド。

下落トレンドが続くのなら、安値を更新していくだろうことはわかります。
ただ、直近数日の値動きは少々複雑で、髭も多いし勢いもない。

もしかすると、トリプルボトムになって上昇転換するかも。
ここまでが日足の分析です。

考えられる値動きは、トレンド継続して安値更新していくか、トリプルボトムで転換して上昇するか、いずれか。

これのどちらかに山を張ってしかけます。
必ず最低でも上昇のシナリオと下落のシナリオのを2つは用意すべきで、必要ならレンジのシナリオも作っておきます。

長期のルールですから、これらは日足をベースに分析していくわけです。
この時参考にすべきは週足。

今回の状況での週足がこの状態です。

週足の状態

見ての通り、レンジを下抜けしていて、移動平均線も下降気味です。
私なら、これは下方向と見ます。

多少もみ合ったり戻したりはするものの、下方向に進むと想定し、日足レベルでも売りの機会を待ちます。

転換上昇ならトリプルボトムで仕掛けやすいタイミングでしたが、売るとなると今売ると戻りやレンジに捕まりそうなので、もう少し様子見でしょうね。

少し戻してから再度売る、レンジを下抜けてから売る2つのシナリオを考えています。
もう一度日足に戻しますと、この上のラインでの反発で売るか、下のラインを抜けてから売るかですね。

仕掛けるタイミング

そこに来るまでは待ちます。
売買ルールはこんな単純なもので良いのです。

ちなみにこのチャートは現在のものなので、結果は先は1ヶ月後くらいにならなきゃわかりませんね。

もし私が長期投資を仕掛けるのなら、この2つのラインでの反発や抜けを待ってから仕掛けます。

ルールは非常に単純で手法と言えないようなものかもしれませんが、これくらいシンプルな手法の方が分かりやすくて従いやすいので絶対に良いと思います。

以上が長期のルールです。

FXでおすすめの短期のルール

では、短期トレードはどうするかですが、基本は同じです。
まず見るべきはやっぱり日足。

トレードのベースになるのは日足だと思っています。
同じ日足を使いましょう。

日足の状況

先ほども行ったように、大きな流れは下落。
短期の場合は、ここからローソク足の1本1本を見ます。

注目すべきはこの部分。

注目すべき直近日足

高値は切り下がり、安値も切り下がってます。
そして、1本ずつをみても同じように高値も安値も切り下がってる状態。

つまり、売り圧力が強いのです。
この流れが続くのなら、今日も高安値は切り下がるはず。

実際は週明けなんで1日様子を見なければわかりませんが、その想定で勝負します。

後は、1時間足なり15分足をみて、売り場を探すだけです。
もちろん30分足で5分足でもオッケーですが、この日足の分析を元に売りではいると決めたので、短期の足で売りの形になるのを待ちます。

正直売る方法は何でもオッケーです。
例えば15分足でこんな動きを狙います。

狙うべきポイント

直近の安値からの反発を狙うとか、大きな下落トレンドの切り下げラインからの反発を狙う。
このラインを抜けて、前日の高値を上に抜けたらいったん売りの計画は白紙です。

それまではラインや移動平均線を使って売りを狙うという形ですね。
短期もこうした単純でシンプルなルールや手法が通用しやすいです。

以上、おすすめの短期や長期の売買ルールについてお話ししました。
結構ざっくりした感じのルールですが、ライン反発でエントリーするだけの簡単なものです。

参考にしてください。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする