FXでエントリーが遅い場合や早い場合のタイミングの取り方

こんにちは、kenです。

FXで勝てない方が持つ悩みで最も多いのは、エントリーについてかと思います。
私もそうでした。

エントリーのタイミングがうまく掴めず、エントリーしてみたもののちょっと早いので損切りになってしまったり、ちょっと遅いので乗り遅れてしまう。

そんなことが何度もありました。
同じような経験をしている方も多いはずです。

そこで今回は、エントリーのタイミングについて記事を書いてみたいと思います。

自分のエントリーが早い、遅いと感じてしまう理由、そしてその対策などについて書いてみたいと思います。

FXでエントリーが遅い場合の理由

エントリーが遅い、遅れてしまうという場合原因はいくつか考えられますが、多いのが単純に様子を見すぎという場合です。

例えばですが、エントリーの際にしっかりトレンドがでるのを待とうとして、きちんと高安値の更新を待ってからエントリーするという人もいます。

でも、私はそれじゃ遅いと思っています。

例えば、良くあるエントリーがこれ。

遅いエントリー

ダブルボトムを作り、ネックラインを抜けた直後やその後の戻りを買うという場合です。
もちろん、この方法も間違いではありません。

戻りを待って買うのも正解です。
でも、これでは出遅れることが多々あるのも事実。

大きな流れで相場環境がこのポイントにあるからロングを検討するということなら良いと思います。

しかしエントリーのタイミングとしては、私は決定的に遅いと思っています。
しっかり値動きを確認してから、確実にとろうと思っているから遅くなるのだと思いますが、確実な場所なんてそもそもありませんし、遅れれば遅れるほど不利になります。

なので、しっかり方向性を見極めるというのはいいのですが、見極めすぎた場合は自分のポジションをただ不利にしているだけの行為なのです。

じゃあどこではいるのか。
私ならここで入ります。

そう、ネックラインをブレイクする前です。
単純な話しですが、最もレートが早く大きく動くのはブレイク時なのです。

なので、そのブレイクしていく波に乗る、それだけのこと。
エントリーのタイミングとしてはこの方が良いとわたしは思っています。

このあたりでエントリーするメリットは、エントリーが早いので損切りが少なくて済むこと、その後大きく動けば値幅がとれるということです。

FXでエントリーが早い場合に考えられるの原因

では、次にエントリーが早すぎる場合の原因なども考えてみましょう。
エントリーが早すぎるという場合に考えられることはいくつかありますが、単純に反発の確認をする前に入ってしまっているというのが原因の場合がほとんど。

例えば、先ほどのポイントならここで入ってしまっているのです。

早すぎるエントリー

まだしっかりダブルボトムができる前、もしくは落ちている最中に入ってしまう。
これは明らかにエントリーが早すぎるパターンです。

例えこのポイントに強力な反発する可能性が高いラインがあったとしても、しっかりダブルボトムができるという状況になる前からエントリーするのは早すぎます。

エントリーが早すぎるという場合、このような反発や転換の兆候が出る前、もしくはでたかどうか怪しいうちから入ってしまっています。

気が焦ってる証拠です。
転換後の反発において行かれたくない、できるだけ早く入りたい、そんな気持ちはわかりますが、早く入りすぎるとそれはそれで問題です。

たいていの場合、二番底を付けに行くのでそこで損切りになってしまう人が多いのです。
これはいくら何でも早すぎで、もう少し様子を見るべきなのです。

FXのエントリーのタイミングは遅くても早くてもダメ

エントリーのタイミングというのはすごく難しくて、すでに書いたように早すぎてもダメだし遅すぎても駄目です。

早すぎれば転換前の逆張りになってしまい、トレンドに飲み込まれたり、仮に転換しても二番底を付けに行く過程で損切りになってしまいます。

遅すぎれば、一番美味しい部分を取り逃し、損切りも大きくなり利益も減り、総合的に見ると負けます。

遅いわけでもない早いわけでもない、そんな丁度よいタイミングを求められるのがFXのエントリーなのです。

これが本当に難しいので皆苦労しています。
コツがあるとすれば、一つは大きな足のな流れや反発ポイントを見るということ。

そして実際にエントリーを執行する足は、早くもなく遅くもない、いちばん多きく伸びそうなところを取りに行く、そんなエントリーが理想的かなと思います。

エントリーのコツは一番伸びそうなところを取りに行く、これです。

ネックラインを抜けそうなところ、ブレイクしそうなところ、その直前ではいるならどこなのか、もっとも利幅が大きくとれそうで、損切りが少ないのはどこなのか、それを考えてエントリーのタイミングをとってください。

以上、FXのエントリーは遅いのも早いのもダメ、タイミングが大事というお話でした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする