FXで水平線のみで勝つ手法

こんにちは、kenです。

FXでは色々な方法でトレードしている方がいますが、水平線のみで戦っている人もいます。

私もその一人で、水平線を使ったトレード手法を考え、そのマイルールに従い日々トレードして、悪くない結果を残せています。

実際に水平線のみを使って勝っているトレーダーさんは数多くいますが、今回は私は実際に使っている手法について書いてみたいと思います。

移動平均線やボリンジャーバンドも時間足によっては表示させていますが、あくまでそれは大きな流れを見るのに使うのみ。

基本は水平線のみを使ってトレードしています。

FXで水平線を使った手法

水平線を使った手法ですが、そう難しいものではありません。
文章で簡単にいってしまえば、効いてる水平線を引き、そこに反発したところでエントリーする。

これだけです。

非常に簡単なようですが、実はこれがなかなか難しかったりするのです。
どんなところでエントリーするのか、簡単に説明するのにチャートを使いましょう。

私はこういうところでエントリーしています。

水平線を使ったエントリーポイント

これは5分足ですが、こういった転換を狙うか、トレンド継続中の押し目や戻りを狙ってラインを引きエントリーしています。

もちろん、これら水平線の引き方を含め、私なりにいくつかポイントがあるのですが、それについても後ほど説明したいと思います。

私の手法というのは、こうした単純な水平線反発を狙うもので、特別変わったことをするものではありません。

それでも、これだけのことで勝てるものなのです。

FXで水平線のみで勝つには

ただ、水平線のみを使って勝つにはそれなりに抑えておかなければいけないポイントもあります。

その中でも一番重要なのか水平線の引き方です。

引き方が悪いと、その水平線で反発しない可能性も高いですし、まずはしっかり水平線を引くということに気を付けてみて欲しいです。

水平線を引くポイントはひとつ。
ちゃんと効いているラインであること、それのみです。

効いているかどうかの判断ですが、複数のポイントでとめられているかを見ます。

一箇所だけで止められている水平線は少々役不足。
狙うべきは複数のポイントで抑えられている水平線です。

先ほどの水平線だと、3箇所でしっかり抑えられて、4回目の反発でロングしています。

効いてる水平線のラインの見方

私は最低でも2回反発した水平線を引くようにしていて、その場合3回目の反発でエントリーをということになります。

そして反発している回数以外に見るべきは、その水平線が上下両方から抑えられているかです。

今回の水平線だと、下と上の両方から抑えられています。

上下で抑えられた水平線

これもポイントの一つで、何回も止められたラインだったとしても、上下から抑えられていない限りその水平線はエントリーに使わないことにしています。

水平線を引くときに気にするべきはこれくらいです。

必要なのは複数時間足の水平線

もう一つ重要なことが有り、水平線というのは単一の時間足だけで引けば良いというわけではないという点です。

5分足には5分足の水平線が引けますし、1時間足には1時間足の水平線が引けます。
私は最低もで2つの時間足でラインを引きます。

そして、その水平線が重合した部分を狙うのです。
1時間足でも水平線が引けて、5分足でも引ける、そんな水平線が強力に作用する水平線です。

そこを狙ってトレードするというイメージです。
実際やってみるとわかりますが、そんなに難しいことではありません。

ただ、時間足が長くなればなるほどチャンスは少なくなるのです、そのチャンスを探すのにそれなりに時間がかかるかもしれません。

それでも、複数の時間足の水平線が重なり合うポイントというのは、反発する力も強いので、確度の高いエントリーができると思います。

以上、FXで水平線のみを使ったエントリー手法でした。
ポイントは効いてるラインを探すこと、複数の時間足で有効なラインを探すこと、この2点かなと思います。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする