FXで押し目の判断はどうやればいい?押し目の見極め方法

こんにちは、kenです。

FXでは押し目を買え!なんて言われていますが、そもそも押し目という判断はどうすれば良いのか、それがわからないという人もいると思います。

私も最初はどこが押し目なのかわからず苦労しました。
そこで今回は、押し目を判断する方法、見極める方法について記事にしてみたいと思います。

一目で押し目を判断するのは難しいですが、どうすればそこを押し目だと見ることができるのか、その見極め方についてです。

FXでの押し目の判断方法

まずは押し目の判断方法ですが、いくつかあります。
押し目というくらいですから、トレンドがでているというのが前提条件。

押し目というのは、いわゆるトレンドと逆方向に進む調整の動きのことを言います。
なので、押し目かどうかは、調整の動きが出たかどうかで判断すると私は良いと思います。

例えばこういうところはしっかりトレンドがでている最中の調整の動きですから、押し目といえるかと思います。

押し目

この押し目を判断する方法ですが、単純に陰線がでたらと考えれば良いのかなと思います。
私は上昇トレンド中の押し目は、陽線が続いている中に、陰線が連続する、もしくは陰線と陽線が交互にでるようなトレンド方向とは反対側の動きが出始めればそこは押し目と判断します。

なので、最初に押し目と判断できるのは陰線が確定したらです。
そうなれば、そこは押し目になる可能性があると判断できます。

相場では、ここが押し目ですよ〜とアナウンスが入るわけではないので、押し目を自分で判断するしかありません。

その判断基準に上昇トレンドの押し目は、陰線が出ることと私は定義しています。
本当にそこが押し目になるかどうかは実際に時間が経過してみなきゃわかりません。

転換しちゃうかもしれませんからね。

100%押し目はここだと事前にわかる、未来を予測する方法はないので、私は判断基準の一つとして陰線が出たらというのを見ているのです。

FXで押し目を見極める方法

では、押し目を見極めエントリーに生かすにはどうしたら良いのかですが、陰線がでることと同時に、トレンドと逆方向に進んだレートが反発する材料が必要です。

それに私は水平線を使います。
移動平均線でも良いかと思いますが私は水平線が使いやすいんで気に入ってます。

水平線を使う場合、トレンド発生後に陰線を確認したら、一つ前の高値などに水平線を引きます。

そしてそこで反発するかじっくり観察し、反発するようなら押し目完成と見てエントリーする。

こんなところです。

押し目をラインで見極める

これで押し目を見極めることができると思います。

水平線でなくても、移動平均線を使っても良いと思います。
移動平均線を使う場合は、以下のようなところで狙えます。

移動平均線を使った押し目買い

わりと綺麗に移動平均線に反発しているのがわかります。
押し目を見極める際に移動平均線も十分機能しますし使えるのはわかって貰えるかと思います。

押し目は分かりやすいところ狙うのが良い

以上が押し目の判断方法、見極め方でした。
まずは上昇トレンドが発生している状態で、陰線がでるのを待つ、陰線がでたら調整が始まったという認識を持ち、どこまで落ちてくるのか、どこで反発するのか見極めます。

その際に使うのは移動平均線や水平線。
そこまで落ちてきて反発の兆しを見せたら、押し目は完成したと想定しロングエントリー。

これが私の押し目買いの方法です。
押し目買いの方法は沢山あると思いますが、私の方法は最も単純で分かりやすい押し目の判断方法じゃないかと思います。

人によって押し目を判断する基準などはそれぞれあって良いと思いますが、何か基準を持って押し目かどうかを判断していかなければ、なかなかそこでエントリーポイントを探すというのは難しいのかなと思います。

以上、FXの押し目の判断方法と見極め方でした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする