FXでエントリーポイントの見つけ方

こんにちは、kenです。

FXで勝てるエントリーポイントを見つけるにはどうしたら良いのか、見つけ方が知りたいって人も多いはずです。

私も長くトレードしていますが、勝てるエントリーポイントを知りたいと思いましたし、そのために色々勉強もしてきました。

しかし、FXである程度勝てるようになって思いました。
勝てるエントリーポイントというのは見つけ方を人から聞くものではなく、自分で見つけるものなんだと思うようになったのです。

そこで今回は、勝つためのエントリーポイントの見つけ方について記事を書いてみたいと思います。

人にここでエントリーしたら良いと言われても、絶体勝てるようにはならないので、自分で見つけられるようにならなければいけないのです。

FXでのエントリーポイント私の場合の見つけ方

FXでのエントリーポイントの見つけ方ですが、私の場合はラインを使います。
酷く単純な方法ですが、前回安値や高値にラインを引き、そこをエントリーポイントとして見ています。

こんなところですね。

私のエントリーポイントの見つけ方

こういったポイントに反発するところを狙うのです。
私にとってはすごく単純ですが、非常に強力なエントリーポイントの見つけ方です。

もちろん、このライン反発のどこで入るのかはまた別のノウハウが必要になりますが、基本はこのラインの反発で入っています。

エントリーポイントの見つけ方としては、誰にでもできる方法かと思います。
でも、この方法を聞いたからといって、いきなり明日からバンバンライン反発をとれるようにはなりません。

そもそも、私が使っている、こうした高安値のラインの反発を狙う手法だって、誰でも知っている手法ではないでしょうか。

でも、これで実際に勝てるかというと、難しかったりするのです。
それは、これがあくまで私の手法だからです。

手法やエントリーポイントの見つけ方は、それぞれ自分で探し出さなきゃ勝てるようにはなりません。

人の真似をしてもまず勝てないもので、もし誰かの真似で勝てるのなら、世の中もっと勝っているトレーダーが増えるはずです。

手法とかエントリーポイントの見つけ方なんていうのは、あくまで道具なのです。
料理でいえば良い包丁というだけであって、良い包丁があるからといって美味しい料理が作れるわけではありません。

包丁の切れ味なんてのは、料理の中の一つの要素でしかなく、こうした手法とかエントリーポイントの見つけ方というのも、トレードの中の一つの要素でしかないのです。

それに気付けない限り、どんなに人からエントリーポイントの見つけ方を教えてもらったとしても勝てないと思います。

エントリーポイントを自分で見つけ出すためのトレーニング法

では、どうやって自分でエントリーポイント見つければ良いのかですが、検証と改善を繰り返していくしかないのです。

検証と改善を繰り返すと言っても、実際どうすれば良いのかわからないという人も多いかもしれません。

そんなに難しいことではないのです。

まずは、何か一つ手法を用意します。
これは人の手法でもかまわないし、自分で考えた手法でもかまいません。

そして、その手法を徹底的に検証していきます。
当然勝てないはずです。

それは想定内。
問題はそこからです。

自分のトレードのどこがダメなのか、徹底的に調べていくのです。
エントリーがダメなのか、大きな流れの見方がダメなのか、それとも決済がダメなのか。

具体的に自分のトレードのどこが悪くて負けているというのは検証であぶり出す。
それがわかれば駄目なところを改善して行くのです。

勝てるように少しずつ改善して、エントリーポイントの調整や相場の見方などを変えていく。
結果最後に残ったものが自分の手法となります。

その手法で見つけるエントリーポイントというのは、自分の力と技術で得たものなので、強力な武器になりますし、その手法を基準にして様々な道具(手法)も使いこなすことができると思います。

以上、FXでエントリーポイントの見つけ方でした。
人の方法ではなく、自分でエントリーポイントを見つけられるように頑張ってみてください。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする