FXのトレンドの判断で移動平均線を使う場合の注意点

こんにちは、kenです。

FXトレンドの判断の方法って人によって様々なやり方があります。
私なんかは高安値を見て判断していますが、人によって様々な判断の方法があると思います。

今回は、その中でも移動平均線を使ったトレンドの判断方法について書いてみたいと思います。

FXで勝つにはやはりトレンドの判断は必須だと思いますし、トレンドがわかれば大きく動く方法もわかるようになりますから、確実に有利になります。

そして移動平均線はエントリーにも使えますが、トレンドの判断をするのにも有効なテクニカル分析です。

ただし注意すべき点もあるので、今回はそのあたりの移動平均線を使ってトレンドを判断する方法と、その際の注意点について書いてみたいと思います。

FXのトレンドの判断は移動平均線でもできる?

さて、FXのトレンドの判断ですが、移動平均線でもできるのかといわれると、十分できます。

移動平均線を使ってトレンドの判断をしている人を何人も知っていますし、私も移動平均線はトレンドの判断の参考にしています。

どうやって移動平均線で判断するかというと、非常に単純です。
移動平均線に傾きがあって、その上や下にレートがある場合にトレンドがあると判断するわけです。

問題はどんなパラメーターを使うかです。
比較的短期のトレンドを見るのなら20あたりがおすすめ。

私も使っている数値です。
例えばこんな状況なら上昇トレンド、下降トレンドで分かりやすいです。

移動平均線で見たトレンド

レートが移動平均線より下にあり、移動平均線も下方向に傾いていれば下落トレンド。
上昇トレンドは逆で、移動平均線が上方向に傾いていて、レートが移動平均線の上を推移している時です。

比較的短期のトレンドならこれで見分けることができます。
もちろん、こんな状態だとレンジです。

レンジ相場

移動平均線がくにゃくにゃしていて、レートが移動平均線を何度もまたいでいるような時。
これはレンジ相場です。

比較的分かりやすいと思います。

移動平均線で長短のトレンドも確認できる

もう一つ移動平均線を使ってトレンドを見るときに、移動平均線が便利なのは、長短のトレンドを確認できるからです。

パラメーターを変えることである程度長いトレンドの方向性も確認できます。
75や100、200なんてパラメーターを使った長期トレンドの方向性を確認するというのも一つの方法で、私の周りでもそうやって長期のトレンドを把握している人もいます。

青い移動平均線100を追加しました。
これで長期のトレンドも上昇だというのがわかります。

長期のトレンドを見る移動平均線

もちろん、長短のトレンドが一致したときに勝負するのがベストですから、青い100移動平均線でみても上昇トレンドが確認でき、グレーの20移動平均線でも上昇トレンドの時に買う、という良く聞く移動平均線を使った売買方法は非常に合理的ですし良いと思います。

私も必ず移動平均線を使ってトレードしろといわれたら、そうした方法でトレードすると思います。

短期の場合と同じように、移動平均線がぐにゃぐにゃし方向感がなく、レートが移動平均線をまたぐようなときは長期のトレンドはでていなくて、レンジということです。

こんな状態の時ですね。

長期のトレンドはレンジ

こういう場合は見送るというのも一つの方法だし、ある程度レンジの上限下限を決め、その中にいるのなら短期トレンド方向に勝負するというのも一つの方法かと思います。

移動平均線を使ったトレンド判断の弱点

移動平均線を使ったトレンド判断をする際に気を付けたいことがあります。
それは、必ずトレンドの判断をするのが遅れるということと、必ずしも見ている時間足、パラメーターでトレンドが判断できない場合があるということです。

どういうことかというと、移動平均線という平均をとったテクニカル分析を使っている以上、レートより数値が遅れてついてくるので、どうしてもトレンドの判断は遅れがちになります。

それが悪いことかというと、レートを平均化しているので無駄なブレを省くこともできるというメリットもあり、一概に悪いとは言えませんが、どうしてもトレンドの初動を狙うことはできません。

移動平均線でトレンドが発生したと判断できるときは、実際のローソク足でのトレンドはそれなりにすすんでいる時です。

それと、もう一つ。
見ている時間足や表示させているパラメーターの移動平均線じゃ説明のできないトレンドも多々発生します。

例えばこの局面。

移動平均線でトレンドの判断がしづらい状況

もし、短期の20移動平均線しか表示させていなければ、確実に下方向に進んでいるのに、下落トレンドとは認識しづらい動きです。

移動平均線は概ねした方向ながらぐにゃぐにゃし、レートは移動平均線をまたいで推移していますからね。

これはもっと長期のトレンドが効いているということで、短期のトレンドは分かり難くなってしまっているのです。

こういう局面も多々あります。
私が移動平均線だけでトレンドを判断しないのは、こうしたわかりづらい場所があるからなのです。

もし、こういう局面があれば上位足の移動平均線をみる、長期の移動平均線を見るなどして判断の基準を変えるしかありません。

以上、FXのトレンドを移動平均線で見る方法とその時の注意点などでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする