FXでコツコツ負ける理由 負けるのには原因がある

こんにちは、kenです。

FXで負けている人の中には、コツコツ負けるという人もいると思います。
私も実はそのパターン。

良く聞くコツコツ勝ってどかーんと負ける、一回の大きな負けで全てを失うなんて人もいるようですが、私の場合はコツコツ負ける、いわゆる損切り貧乏のような状態になってしまっていました。

なぜ、こうしたコツコツ負けるような状態になってしまうのでしょうか。
今回は、その原因やコツコツ負ける人の特徴、そして勝つためにできることなどを紹介したいと思います。

なぜ、コツコツ負けるのか、私も最初はさっぱり理由が分からなかったのです。

FXでコツコツ負ける人の特徴

まず、コツコツ負ける人にはいくつか特徴があるように思います。
例えば以下のような特徴です。

  • しっかり勉強していて知識はある
  • 手法も知っていて実戦経験も豊富
  • 損切りはしっかりできている

いずれも勝つためには重要なことです。

コツコツ負けるような人は、しっかり勉強し相場について色々なことを知っている人が多いです。

テクニカル分析はもちろん、本も沢山読んで十分な知識を持っています。

そして、色々な勉強会やセミナーなどに参加し、教材なども買っているのだと思います。
手法も沢山知っていて、経験も十分にある人が多いです。

そして、トレードの基本である損切りがしっかりできている。
実は、こうした人が意外にコツコツ負けるタイプだったりするのです。

過去に勉強会やスクール、セミナーなど色々なところでトレーダーさん達と知り合い、沢山お話ししてきましたが、コツコツ負けている人はこういった特徴を持っているように思いました。

FXでコツコツ負ける理由

では、なぜコツコツ負けてしまうのか。
単純でトレードのどこかに問題を抱えているからです。

どこかにボトルネックとなる部分があるのです。

勉強はしていて知識もある、実戦経験も十分で様々な手法を知っている、そして損切りもしっかりできている。

にもかかわらずコツコツ負けてしまう。
これは手法やトレードのどこかに欠陥を抱えている結果なのです。

自分が行うトレード、今まで勝ててこなかったのなら、今までの手法全てに似たような問題を抱えているということです。

色々な手法を試してどれも同じ結果になっているのなら、手法の欠陥というより、もっと根本的な部分に問題を抱えていて、そこがボトルネックになってコツコツ負けてしまっている。

そう考えるのが合理的かと思います。
何も問題がなければトレードには勝てるはずですからね。

コツコツ負けるのはトレード全体を見たとき、どこかにボトルネックがあるのというのが理由です。

勝つためにするべきこと

では、勝つために何をすべきかですが、まずはそのボトルネックとなっている問題点を見つけなきゃいけません。

自分のトレードのどこに問題があるのか、それを見つけ出すのです。
自分のトレードの欠点を見つけるには、何度もトレードをしてその分析をしなきゃいけません。

コツコツ負けるというような場合、損切りに引っかかって負けている人が大半だと思います。
では、なぜ損切りに引っかかるのか、それには損切りされた後の動きをみて考えなきゃいけません。

例えば損切りされた後に思惑の方向に行くことが多い、ということならば、それはエントリーのタイミングに問題があることが多いです。

こんなところで損切りに合うことが多い場合ですね。

順張りの損切り

エントリーしたら損切りになって思惑の方向に行く、方向性は合ってたんだけど損切りになってコツコツ負けちゃう。

損切り言えなきゃ勝ってたのに!そんなパターンです。

このパターンが多くでる場合、全体の相場の見方などは悪くないのですが、エントリーのタイミング、もしくは決済ですね、そのあたりに問題を抱えている可能性があります。

エントリーのタイミングや決済の方法を色々検討して見ると成績が良くなると思います。

同じコツコツ損切りになる場合でも、損切りになった後、思惑と違う方向にずんずんすすんでしまうことが多い、ということならば、それはそもそも大枠の相場の見方などが間違っている可能性が高いです。

こういうパターンで損切りになる場合ですね。

逆張りの損切り

これも良くある損切りだと思います。
転換すると思ってエントリーしたら、損切りにあう。

損切りされた後、思惑の方向ではない方にすすんでいくので、損切りしていて助かった〜というパターンです。

このパターンはそもそも相場の大枠の見方、エントリーの場所の絞り込み自体が間違っているので、小手先のエントリーポイントや決済の改善をしても一向に勝てるようにはなりません。

そもそも大枠の方向性、トレンドの認識、押し目買いや戻り売りを意識するというところから始めなきゃいけないと思います。

同じコツコツ損切りされるのでも、この二つには大きな差がありますので注意が必要です。

もちろんこれに当てはまらない負け方をする場合もあると思いますが、自分のトレードの問題点を知るには、実際したトレードを記録して、分析するところから始めてください。

それで、なぜ負けているかわかってくるかと思いますし、それ以外の方法で自分のボトルネックを改善する方法があります。

以上、FXでコツコツ負ける理由や、改善方法についてでした。
コツコツ負けるというのはやはり理由がありますので、その理由を突き止めるところから始めてみてください。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする