久々のトレード解説 2018年5月18日のトレード

こんにちは、kenです。

久々にトレード日記でも付けたいと思います。
本日のトレードですね。

今日もいつも通りドル円でトレードしました。
ドル円は得意通貨というより、私はほぼドル円でしかトレードしていません。

単純にテクニカルが効きやすいというのと、比較的利幅が狭めのトレードをしているので、スプレッドが小さい方が良いからです。

まずは日足と1時間足の組み合わせを見てみましょう。

上位足の状況と引いたライン

まず重要なのは日足の状況です。
下のチャートが本日のドル円、右が日足、左が1時間足です。

2018年5月18日ドル円の日足と1時間足

注目すべきは右の日足。
明らかな上昇トレンドです。

この状況で売りを選択するのは愚策、買いオンリーで考えるべきです。
どこで転換して下落するのか分かりませんが、下落するまではとにかくロングで攻めるべきです。

つまり、今のドル円は買いのチャンス。
移動平均線も綺麗に上昇し、高値も抜けている明らかな上昇トレンドですからね。

左の1時間足に青いラインを1本引きました。
このラインを軸に反発すればロングを計画しました。

見ての通り、単純に前回高値に引いたラインです。
よく見れば20MAの移動平均線反発も起きているのがわかると思いますが、そこでロングしています。

執行足とエントリーのタイミング

実際にエントリーを執行したのは5分足です。
その部分を見てみます。

2018年5月18日ドル円5分足

エントリーしたのは赤い矢印の足。
ここでロングしました。

ライン反発が起きてますね。
もう少し手前でもライン反発が起きていますが、そこは下落の勢いが強かったので見送って、しっかり止まったのを見てから赤い矢印でロングしています。

決済は青い矢印のところでしました。
リスクリワード1:1.5ほど。

今日は少し自信があったので、利益を大きめに取っています。
単純なライン反発のトレードですし、移動平均線反発があることからも分かりやすい部分でのトレードだったと思います。

ごくごく単純な方法のトレードですが、これで十分勝てるのです。

本日のトレードは反省点などもなく、しっかり入れたトレードだったと思います。
大きなトレンドに乗っていることから、もう少し伸ばせたんじゃないかな?という思いはありますが、ここは仕方がありません。

伸ばすというのは私のテーマの一つでもありますが、勝率を上げるために、細かく利益を刻む、コツコツ勝つスタイルなので、これもありだと思っています。

以上、本日のトレードでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする