FXのデモでも負ける!その2つの原因

こんにちは、kenです。

FXで勝てない人にも色々な人がいます。
いわゆる、本番に弱いタイプ、過去検証やデモでは勝てるのに本番では負けるというタイプも多いと思います。

しかし、デモでも負けるという人もいます。

今回は、そんなデモで負けてしまうというタイプの場合のお話し。
なぜ、デモでも負けるのか、その原因や理由について書いてみようと思います。

デモで負けるというのは、本番でだけ負ける場合とは違うことが原因となっていますから、そのあたりをはっきりさせ改善する必要があります。

FXでデモでも負けるのには原因が2つある

デモで負ける場合、大きく分けて2つの理由があると私は考えています。

一つは手法やトレード方法そのものに理由がある場合です。
そしてもう一つはエントリーに対して恐怖心を持っている場合、メンタルの影響を強く受けている場合です。

それぞれ詳しく説明します。

手法やトレード方法そのものに問題がある場合

デモで負けるという場合、最初に疑うべきは手法やトレード手法そのものに問題があるという可能性です。

過去検証ではうまくいくという場合でも、所詮過去検証は過去検証。
実際に目の前で動く相場とは異質のものです。

過去検証とデモトレードは、サッカーゲームと実際のサッカーくらい違いがありますから、過去検証からデモトレードに移行して勝てなくなるというのは良くあることです。

そもそも全く違うものですから、当然といえば当然。
過去検証でいくら結果が出ていても、デモトレードで勝てないのなら、その手法はトレードで通用しない手法の可能性が十分にあります。

エントリー恐怖症などトレードに恐怖を感じている場合

もう一つはエントリー恐怖症など、トレードに対して恐怖心がある場合です。

いくら手法やトレード方法が良くても、入るべき場所で入り、出る場所で出る。
これができなければ勝てません。

要は恐怖でビビってエントリーできなかったり、エントリー後怖くてすぐに出ちゃうなんてことが発生するわけです。

結果として勝てない。
これも良くあることです。

エントリー恐怖症は、決して本番のトレードだけではなく、デモトレードなどでもでるものです。

私もデモトレードですらビビってまともにトレードできないほど、エントリー恐怖症になった経験ありますからね。

これだと、デモだったとしても勝てないのです。

デモで勝てるようになる方法

そもそもデモで勝てないのに本番のトレードで勝てるわけがありませんから、まずはデモで勝てるようにならなきゃいけません。

やるべきことはまず自分は何が原因で勝てないのかを知ることです。
トレード手法や方法が問題で勝てていないのか、それともメンタル的なことが問題で勝てていないのかです。

もし、誰かから学んだ実績のある手法を使っている場合でも、トレード方法に問題があるという可能性は十分にあり得ます。

単純に学んだ手法を再現できていないというわけです。

これも良くあることなのですが、他人から学んだ手法を再現するというのは非常に難しく、正直そう簡単にできるようにはならないです。

イチローからいくら野球を学んでも、イチローのように打つことができないどころか、恐らく私なら中学生にも三振を取られるでしょう。

それと同じで、勝ってる人から勝てる手法を教えてもらっても、それだけで勝てるようにはならないのです。

膨大な練習と経験、そして相場の状況を認識する能力、これらがなければ勝てません。
なので、デモで勝てるはずの手法を使ってるのに勝てないというのは、単純にその手法を扱えてない力量不足の可能性もあるわけです。

また、エントリーの度に恐怖心を感じたり、チャンスに躊躇したり、ついポジションを手放したりしている場合は、メンタル的なことが要因の可能性が非常に高いです。

逆にそれらが無い、ルール通りにしているはずなのに勝てないときは、手法やエントリー方法の問題ということになります。

メンタル的な問題の場合の解決方法

メンタル的な問題の場合の解決方法ですが、単純に繰り返し検証やデモを行い勝てるということを身体にたたき込んで克服するしかありません。

私が行ったのは、勝率を出す検証です。
トレードで勝とうと思うと怖くなるんですが、勝率を出すためにトレードをすると思えばその恐怖はなぜかなくなりました。

勝率の検証ということは、負けるのも含めて検証しきゃいけないので、負けを折り込んだトレードができるからだと思います。

なので、デモやリアルトレードでも勝率検証のつもりで常にトレードを行っていました。
このあたりに関しては、別の記事でも色々書いているので参考にしてください。

エントリー方法・手法が問題の場合の解決方法

これはひたすら検証と改善でトレードを直していくしかありません。
検証と改善を繰り返して、自分の悪いところを見つけそこを直していく。

トレードで勝つにはその繰り返しです。
これについても何度か記事で書いていますが、まず大事なのは自分のトレードのどこにボトルネック、負ける原因があるのかを見つけることです。

そして、それが分かればボトルネックを改善していく。
本当にそれを繰り返すしかないのです。

改善してもなかなか勝てないと思いますが、それでも悪いところを見つけて改善、それを繰り返すことでトレードは徐々に改善して行きます。

以上、FXでデモでも負ける時の原因や対処方でした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする