2018年5月23日のトレード

こんにちは、kenです。

しばらくトレード日記的なものは書いていませんでしたが、実際に私がどんなトレードをしているのか、またちょこちょこ書いていきたいと思います。

実際にどんなトレードなのか見たいという方もいるでしょうし、自分のトレードを見直すことにもなりますからね。

本日もドル円でトレードしています。
今日は反省点の多いトレードになりました。

今日のトレードの上位足の状況

まずは本日のトレードですが、1時間足と日足の上位足から見てみましょう。
左が1時間足、右が日足です。

2018年5月23日ドル円日足と1時間足

日足は上昇トレンドなんですが、私は今日は下落とみていました。
単純に移動平均線の上にあり高安値も切り上がってるからロング、というのが教科書通りの攻め方ですが、このあたりが経験などを元にした裁量となるわけです。

具体的にどこを見ていたかというと、てっぺん付近の日足の形状です。
1週間以上前に高値をブレイクし、新高値を日々更新していたわけですが、さすがに1週間ほど高値更新を続けると、そろそろ限界が来ます。

そんな時に3日前に上ひげの長い陰線が出ています。

日足の形状アップ

そこで、もしかしたらそろそろ上値が重いのかな?と思えます。
ただ、まだ分かりません。

翌日それを越える大陰線がでて、さらに高値を狙う動きになるかもしれません。

なので、その次の日も様子を見ると、高安値を切り上げながらも上ひげの長い陽線。
これはいよいよしんどいかもしれません。

そして前日、昨日はついに高値更新できずわずかに安値は切り下げ陰線。

これを見て今日はいったん落ちるかな。
そう思ったわけです。

なので今日はショート狙いです。
1時間足に青いラインを引き、矢印のところでショートしました。

エントリータイミングと決済

具体的なエントリーは5分足です。

エントリーポイント

赤い矢印のところでショート。
ショート後、微妙に上昇し損切りギリギリまで来るも、その後思惑通りストンと下落。
緑のチェックのところで利確しました。

まぁ、ここまではまずまずのトレードです。
問題はここから後の値動きです。

実はこの後、大きく下落します。

その後の値動き

利確したところから遙か下までドンドンと・・・
100pips以上落ちました。

ここが私の弱点なのです。
勝率は70%〜80%とかなり高い水準なんですが、その分利幅は捨ててます。

どんなに動いてもとれるのはせいぜい10〜20pips
これを伸ばせるようになればずいぶん楽なんですが、もし100pips狙おうと思えば勝率は30%以下になるかもしれません。

計算上はそれでも利益は大きくなるはずですが、メンタルが持たないんですよね。
やっぱり勝率高い方が気持ちが良いのです。

例えば利確を今の2倍伸ばすとすれば、勝率は半分にはなりませんが50%切るくらいになります。

それも悪いとき、動かないときは月間ベースでマイナスになることもあるかもしれません。
でも年間ベースで見れば全体の利益は増えるはずなのですが、それでもそれに踏み切れない。

ここが私の弱点です。
今後改善したいのですが、もしそれでトレードのバランスを崩すと怖いなぁと思ってなかなか変えられません。

今のままでも大きくは勝てませんが、コツコツ勝てるので良いかな・・・
以上、本日のトレードでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする