FXで損切りしない手法って有り?損切り無しでも勝てる方法もある

こんにちは、kenです。

FXでは損切りが大切だということはトレードをある程度している人ならば皆知っていることかと思います。

損切りしなきゃいつか負けるから絶対にしなきゃいけない、必ず損切り入れている。
そういう人がほとんどでしょう。

確かにそれは正解だと思います。

しかし、損切りしない手法っていうのも実は条件次第で有りだと私は思っています。
今回は、そんな損切りしない手法についてです。

FXで損切りしない手法は有りか無しか

FXで損切りしないという方法ですが、基本的には無しなのです。
なぜなら、すでに知っている方もいるように、損切りを入れない手法というのは、勝率は確かに高いものの、いずれ必ず負けるのです。

勝率が100%というのはあり得ないので必ずです。

そしてその1度の負けで、損切りを入れてないんで、かなりの資金を失います。
それまでどれだけ勝率が高くても、どれだけ稼いでも、その1回のトレードで大半を失ってしまうのです。

なので、損切りしないという手法はダメだといわれているのです。
その1回の負けが半年後か3年後かはわかりませんが、そこで大きな負けを被ります。

私も当然損切りはしなきゃいけないと思っていますし、するべきだとも思います。
ただし、一つ条件があれば私は損切りしない手法も有りだと思っています。

FXで損切りしない手法

すでにこのブログでは何度か書いていますが、一つだけ条件を付ければ損切りしない手法もあります。

その条件というのが日本がなくならない限り損切りにならないようにポジションを持つことです。

つまり、1ドル0円にならない限り損切りにならない程度の資金量、ロットでロングでエントリーするのなら、損切りはしなくても良いと思うのです。

わずかながらスワップ金利も入ります。
もちろんドルじゃなくても良いのですが、できれば上下の動きを繰り返すドル円が理想的だと思っています。

ポンド円なんかも流通量の比較的ある通貨ですが、上下動きが激しく、大きく下落すればロングしたポイントまで戻ってこない可能性もあります。

その点ドル円は、上下の動きがある程度限定されているので、どこでロングしても大抵は戻ってきますし、動く水準も大体分かります。

現在だと、75円〜125円の間で上下していますから、100円がほぼ中心。
下のチャートはドル円の月足です。

ドル円の月足

100円以下で買って、1ドル0円になったとしても強制ロスカットにならないような資金で勝負するのなら、損切りはなくても全然大丈夫です。

100円以下でエントリーするのなら100万〜120万の資金に対して1万通貨というところでしょう。

このくらいの資金量とロットで勝負するのなら、損切りは入れなくても大丈夫です。
100円以下で買い、スワップを貰いながら120円を超えるまで待って、120円を超えたら決済。

それを繰り返すだけで良いのです。
数年スパンのトレードになりますが、貯金しているよりはマシでしょう。

外貨預金の感覚ですね。

日本がなくならない限り、勝率100%の手法です。
うまく90円以下で仕込めれば、120円で売っても30円の差益を取れます。

1万通貨でも30万円の利益です。
5年スパンのトレードでも十分な利益かと思います。

この資金が1,000万あれば10万通貨持てますから、30円の差益で利益は300万。
5,000万円の資金で行えば1,500万の利益です。

一生のうち10回トレードできるかどうかという程度の回数しかチャンスはありませんが、それでも十分過ぎると思います。

損切りしない手法のデメリット

この損切りしない手法ですが、確かに利益も出るし負けません。
しかし、デメリットもあります。

それは資金効率の悪さです。
良くても年利10%程度にしかならないです。

良くでもです。
悪ければ年利5%以下。

貯金に比べれば素晴らしい結果ですが、かなりの余剰資金がある人以外は微妙でしょう。
月利20%、30%だせるデイトレーダーを目指している人には、かなり物足りない結果です。

当然途中でお金を引き出すことはできません。
利益が出ている状況なら良いのですが、90円で仕込んで70円台まで下がってしまえば、決済すれば大きな損失です。

上がるまで何年でも待つという本当の余剰資金じゃなければ向いていません。

なにより、ガンガントレードで稼ぎたいという人の描くトレードで稼ぐイメージとは大きくかけ離れた手法です。

なので、そもそも結果にもその過程にも満足できないという人が多いと思います。
私もデイトレードで億なんてお金を動かせるようになれば、この手法で資金の一部を運用したいのですが、そこまではまだまだ遠いです。

このようなデメリットも存在します。
損切りしない手法は、損をしない可能性が非常に高い代わりに、得られる利益は小さい、そんな特徴のあるトレードです。

トレードというのはリスクを負ってリターンを得にいくものなので、リスクの低いトレードは当然儲からないのですよね。

以上、FXで損切りをしないトレードについてでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする