FXでは負けパターンの分析が勝ちに繋がる理由

こんにちは、kenです。

FXでは負けパターンを分析せよ、なんてことが良く言われます。
これは私も非常に重要なことだと思っています。

負けパターンの分析というのは、勝つには絶対に必要なことですし、むしろそれ以外の方法で勝つことができるのなら教えて欲しいくらいです。

それくらい大事だし必須のもの。

今回は、そんな負けパターンを分析することの重要性、分析方法などについて書いてみたいと思います。

FXで負けパターンの分析が重要な理由

とにかくFXでは負けパターンの分析というのは重要です。
これ無しには勝ち組になれないという位重要なことだと思っていて、勝つためには徹底的に負けパターンの分析が必要です。

何度もこのブログでは書いていると思いますが、そもそもFXで負けてしまうというのは、特定の負けパターンにハマっていたり、負けやすいところで入っているから負けてしまうのです。

サイコロを振ってエントリーしたって、50%の確率で勝てるハズなのがFXです。
正確にはスプレット分負けますが、ほぼ負けも勝ちも無いという結果になるはずなのですが、それでも負けが多いというのはやはり、わざわざ負けやすいところで入っているからに他なりません。

なので、負けの分析というのは、どんな負けやすいところで入ってしまっているのか、特定の負けパターンが絶対にあるハズなので、それを探すためなのです。

適当にやっても50%になるはずのトレード、負け続けられるのはやはり負け続けられるだけのエントリーパターンがあるからで、それを見つけていくのです。

もし、自分が良くやられるパターンが見つかればしめたもの。

それを避ければ単純に負けパターンを一つ潰すことができるだけじゃなく、逆手にとって勝ちに繋げることもできるのです。

負けパターンは逆手にとれる

負けパターンというのは負けの確率を50%以上にあげる特定のパターンです。
結果が負けというだけであって、相場という一見無秩序にみえる動きの中に、特定の秩序を見いだしていることになります。

もちろん好きで負けを選んでいるわけじゃないでしょうが、無意識のうちに特定の動きをするパターンでエントリーしているのです。

ならば、それを逆手にとれば負けパターンというのは勝ちパターンに変えていくことも可能です。

これが負けパターンを分析すべきだという理由なのです。

いくつか例を挙げてみたいと思います。
例えばこういうところで、いつも転換狙いでダブルトップを想定して売るけどやられてしまうという場合もあると思います。

転換狙いのエントリー

この場合、転換狙いで売ってみて負けているわけですから、トレンド継続狙いで買ってみるという戦略を持ってエントリーしてみるというのが良い方法でしょう。

今回のチャートなら上昇したら転換ショートちいうそもそもの前提を変えて、上昇したら戻りを待ってロングと考えるわけです。

では、方向性は合っているけど負けちゃうような場合はどうでしょうか。
例えば赤い矢印のところでエントリーしても、いつもレンジに巻き込まれて負けちゃうって場合もあるでしょう。

トレンド中のレンジに巻き込まれる

これ私も良くあったことなのです。
この場合、エントリー後レンジになって負けてしまうというパターンが多いなら、エントリーしようと思えるような場面に来たら、まずレンジの形成を待つと良いと思います。

レンジの形成を待ってそのレンジ下限や上限でエントリーする。
いつもの負けパターンを逆手にとっていくわけです。

今回のチャートなら、ディセンディングトライアングルと平行レンジをしっかり形成しています。

いつも負けるパターンというのは、どんな状況で負けてその後どうなってしまうのか。
それを徹底的に分析していき、その負けパターンの共通点を逆手にとって勝ちパターンにしていく。

これがFXで勝つためにやるべきことだと私は思います。

FXでは負けパターンを潰し勝ちに変えていくと勝てる

ここまで説明したように、FXというのは基本的には50%の確率で勝てる物のハズ。
しかし、負けているということなら、負けやすいところでエントリーしている特定のパターンがなにかしらあります。

それを見つけていくというのが勝ちに繋げる方法なのです。
なので、自分はどんな状態の時に負けるのか、どうやって負けているのかを徹底的に分析します。

よく負けてるトレーダーさんにありがちなのは、自分は押し目を買いを狙っています。
でも、なんか負けちゃうんですよね〜

そんな感じの人。
そのなんで負けちゃうのかというのが大事なのです。

そこを分析せずに勝つための方法ばかり考えていても勝てるようにはなりません。
まずは、なぜ50%で勝てるはずなのに毎回負けてしまうのか、そこにあるはずの特定の負けパターンを分析してみつける。

そして、その負けパターンをみつけることができれば潰し、できれば勝ちに利用する、そうやってFXというのは上達していくものです。

私もそれに気がついて、徹底的に負けを潰していった結果勝てるようになりました。
もし、負けパターンの分析をしっかりやっていない方は勿体ないです。

是非やってみてください。

以上、FXでは負けパターンの分析が重要ですというお話しでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする