2018年6月8日のトレード!やってしまったビビリの利確

こんにちは、kenです。

トレードではある程度勝てるようになっていますが、未だにやっちゃったなぁと思うことは多々あります。

今日もトレードしたのですが、ちょっと失敗してしまったなぁと思うことがあったので、今回は今日のトレードの記録と、やってしまったことについて書いてみたいと思います。

昔からのクセなんですが、未だにやってしまうことが多々ある悪いクセでもありますので、反省の意味を込めても記録しておこうと思います。

とはいえ、まずはいつも通り上位足からです。

ドル円の1時間足と日足

まずは日足と1時間足ですが、こんな状況でした。

ドル円日足と1時間足

日足はこの1週間ほぼ上昇で陽線したが、昨日は陰線となりました。
しかも昨日の陰線は、一昨日の高値と安値をどちらも切り下げている状況。

これは下落圧力が強くなっている証拠です。
こうなると今日の動きは迷うところ。

普通に考えれば今日は下落の可能性の方が高いのかな?という感じです。
ただ、当然切り返して陽線になる可能性もあります。

悩ましいです。

そして1時間足、左のチャートを見たのですが、太い青いラインでしっかり反応しています。

そこでの勝負はもうできなかったので、もう一本細い方の青いラインを引きました。
ここでショートで入って見ようかなと思ったわけです。

1時間足でみても、このまま上値でもみ合うのでなければ、転換しそうな形なって来ていますからね。

んで、5分足を見ます。

5分足でみたエントリーと決済

青いラインに反応下矢印の部分でショートしたのです。

ドル円日足と1時間足

エントリーまではいつも通りです。
問題は決済。

この日どう動くのかちょっと自信がなかったということもあって、正直ショートもそんなに自信がなかったのです。

その結果、最初に想定していた最安値あたりでの利確を、大幅に早めて、緑のチェックのところで、リスクリワード1:1位のところで利確してしまいました。

いや、もちろん1:1で利確すること自体は普段から良くあることです。
問題はないのですが、今日はもうちょい下がるかなと思ってもいたので、それを早めてしまったのです。

自信がないときに良くやってしまうこと。
自分のポジションに自信がないので、利確を早めてしまう。

私の悪いクセです。

その結果、どうなったのか。
確かに利確で終われましたが、本来とれるはずだった利幅はとれませんでした。

2018年6月8日ドル円5分足その後の値動き

う〜ん、早まった利確さえしなければ5pipsの損切りで30pipsはとれたのです。
これを利確を早まったばかりに利益も5pipsほどに・・・

ショボいトレードになってしまいました。
自信のないポジションをもつと、どうしてもこうなってしまうので嫌なのですよね。

もっと。日足をしっかり分析して自分のトレードに自信を持てるようにしたいところ。
まぁ、それかもういっそこれで満足するかですね。

少なくても高い勝率で勝ち続ければ、着実に資金は増えていきます。
もう少し慣れれば、入ってる場所は悪くないので、こうした大きな動きも躊躇せずとれるでしょう。

以上、本日のトレードでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする