FXで手法が通用しなくなる時がある理由

こんにちは、kenです。

FXをしていると、勝てていた手法通用しなくなるときが良くあります。
私もそんな経験を何度もしていて、調子よく勝っていてこれで勝てるようになったと思ったことは何度もありました。

しかし、1〜2ヶ月経つとその手法は通用しなくなり、一気に勝てなくなるのです。
そんなことを何度も繰り返しました。

勝てるようになったと思ったら勝てなくなる、これは本当にFXは難しいと感じてしまった時期でもあります。

なぜそんなことが起こってしまうのか。

今回は、なぜFXで手法が通用しなくなることがあるのか、その原因や理由について書いてみたいと思います。

FXで手法が通用しなくなる理由

FXで手法が通用しなくなる理由ですが、単純にカーブフィッティングしているからだと私は思います。

極端なカーブフィッティングじゃなくても、必ず手法を作るときは、その手法を作った時期に勝てる手法を作ります。

手法を作る場合、大抵は直近の値動きでテストし、デモや少額での実践などである程度調整し完成させると思います。

その結果、直近の値動きで勝てる手法ができてしまうのです。
これが私はそのうち通用しなくなる原因だと思います。

例えば日足が四角の中のような上昇相場の時、落ちたら買うという手法は非常に有効です。

長い上昇相場

この期間を検証期間として利用して作った手法は、基本買い主体の落ちたら買う、もしくは上に抜けたら買うという手法になると思います。

そして買いで入ったら利益は伸ばす。
この局面はそれで勝てるし、最も結果が良くなるはずです。

逆に売りで入る手法というのはことごとくやられるでしょう。

では、この買いで入ることを主体にした手法、落ちたら買ったり上方向のブレイクで入ることを主体にし、利益は伸ばすというスタイルの手法をこんな相場で使うとどうなるでしょう。

動きのない相場

落ちたら買うも伸ばした利益は伸びずに相場は反転し損切り、上方向のブレイクで乗ればすぐに反落し負ける。

そんなことを繰り返すそうになります。

手法というのはその局面で合ったものを使わなければいけません。
今相場はどういう局面で、どういう手法が効果的なのか、それを見極め使い分ける、もしくは使える場所を限定して使うものです。

ある一定期間の検証で考えられた手法というのは、その期間と同じような動きをする相場でしか通用しないのです。

これが手法が通用しなくなる理由です。

手法が通用しなくなった場合の対策

では、こうした手法が通用しなくなるというのを避けるにはどうしたら良いのか。
単純で、複数の手法を持って使い分けるか、使いどころを限定して使えば良いのです。

一つの手法で全ての相場を勝とうとするから通用しない場所でまけるのであって、その相場状況に応じた手法を使うか、自分の手法が通用する相場が来るまで待てば良いというわけです。

実際はただそれだけなのですが、それが難しいのも現実。
なので、必ず毎日トレードをするときは、その時の相場の状況を確認するクセを付けてください。

上位足の動きを確認し、今の相場の状況を理解した上で手法を使うというのがベストです。
これができないと、どんなに手法が良くてもまず勝てません。

どんな相場でも勝てる万能な手法というのは恐らくないです。
私が知らないだけで、世の中の人皆が求めるいわゆる聖杯は存在するのかもしれませんが、私はないと思っています。

なので、手法というのは必ず使う場所を限定して使う、もしくは使い分ける必要があって、大抵の方が勝てないのはそれができないからだと思っています。

手法が通用しなくなることはあるのです。
しかし、あくまでその相場では通用しないと言うだけで、また同じような相場の動きになれば通用します。

なので、相場状況に応じて使う手法を変えるというのが勝っている人の方法。
もしくは、一つの手法で勝負するのなら、その相場状況が来るまでひたすら損を小さくして待つ。

これがベストな方法かと思います。

以上、FXで手法が通用しなくなる理由や対策などについてでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする