FXで損切りをうまくする3つのコツ

こんにちは、kenです。

FXをしていると、中には損切りが難しいなんて感じる人もそれなりにいるように思います。
損切りがうまくいかない、思ったような結果が出ない、かかって欲しくないところで損切りにかかってしまう。

私もそんな経験などもしています。

そういう方のために、損切りをうまくやる方法について今日は書いてみたいと思います。
FXで損切りをうまくするコツのようなものが私の中にはあって、それについてということになります。

そもそも損切りは決めたとおりにやるだけでそんなに難しいことはないのですが、難しいと感じる方もいますから、上手くできるために気を付けなきゃいけないことなんかをまとめてみようと思いました。

FXで損切りを成功させる3つのコツ

FXで損切りをうまく成功させるコツですが、主に3つあると思っています。
というよりも、私の中には3つあるという感じです。

それがこの3つです。

  • 損切りは最小限にするようにする
  • 他人が入れてない場所に損切りを入れる
  • 高安値やラインの外側に少し離して入れる

常々損切りを入れる際は気を付けていることなのですが、その3つのコツについてひとつずつ説明したいと思います。

損切りは最小限にするようにする

まず一つ目のコツですが、損切りは最小限にするようにするということです。
これすごく大事で、単純に損切りの場所の話ではなく、エントリーと連動して考えるべきことです。

例えば以下のような状況で、赤いラインを引いてその反発でエントリーしようとしているとします。

赤い矢印のところですね。

損切りを狭くする方法

この時、損切りは緑のラインに私なら設定します。
ここで考えるべきは、どうやってこの損切りを最小限にするかです。

損切りを小さくするには、できる限り赤いラインに引きつけてショートしなければいけません。

どうすれば赤いライン付近でエントリーできるのか、それを考えるのです。
私の場合は時間足を落として赤いライン際でエントリーしています。

損切りを最小限にする、これはリスクリワードレシオを高くするためにも、非常に重要なことのように思います。

他人が入れてない場所に損切りを入れる

次ぎに重要なのが、損切りはできるだけ他人が入れてないようなところに入れるということです。

この最大の理由は、いわゆるストップ狩りに巻き込まれないためです。

明らかに皆が損切りを入れてるような場所に損切りを入れない=誰もが損切りを入れそうな場所ではエントリーしないということにも繋がります。

先ほどのチャートでいえばここなんかは誰もが入りたい場所で、緑のラインは損切りの多くなる場所です。

損切りが多くなりそうな場所

こんな損切りが貯まっていそうな場所には損切りを入れないようにすることです。
ストップ狩りにやられますからね。

ここで損切りを入れないようにするということは、こういうところでエントリーしないようにするというのと同義です。

ストップ狩りに合いそうな場所は損切りを入れるのは避けるし、当然エントリーもしないようにしています。

危険ですからね。

高安値やラインの外側に少し離して入れる

もう一つ、最後に注意していることは、損切りは高安値やラインの少し外側に入れると言うことです。

どのくらい外側かは時間足にもよりますが、5分足なら3〜5pipsほど、1時間足なら10pipsほどが目安でしょうか。

そのくらい外側に損切りを置くようにしています。
これをするのは、ちょっとした行き過ぎを防ぐためで、損切りがきっちり機能する場合でもヒゲだけラインからはみだすとか、ヒゲだけ高安値を抜けるなんてことがあるからです。

その時に損切りにならないように、本来損切りを設定すべき、越えて欲しくないラインの少し外側に損切りを置くのです。

私はそのほんの少し外側にしておいたおかげで損切りにかからず済んだという場面が沢山あります。

非常に重要なポイントだと思います。
以上、損切りを成功させるコツについてでした。

損切りをうまくするにはいくつかコツのようなものがありますが、私は上記のような点に気を付けて損切りを設定するようにしています。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする