FXで勝つための手法の考え方と作り方

こんにちは、kenです。

FXにおいて手法というのは勝つために必要なものなのは確かです。
絶対に必要だしそれを使って勝っていくもの。

しかし、いざ手法を使ってもうまく勝てない、うまくいかないという場合どうすれば良いでしょう。

今回はそんな手法の考え方について書いてみたいと思います。
手法というのは考え方、使い方一つで勝てたり勝てなかったりするもので。

いざ手法を作ろう、もしくは今の手持ちの手法で勝ちたいと思ったとき、どう考えて手法を作れば良いか、使えば良いか、作り方と使い方について書いてみたいと思います。

FXで手法を使いこなすために重要な考え方

まず、FXで手法を使いこなすために重要な考え方ですが、いくつかあります。
最も重要なのは、長短の時間足を合わせて相場を見ることです。

長い時間足と短い時間足、合わせて一つの相場だということを理解する。
これが最も重要な考え方だと思います。

どんな手法でもこれが根本にないと恐らくうまくいきません。

どんな手法を使うにしても、どんな手法を作るにしても、長期と短期の時間足をみて、小さな流れは大きな流れの一部だと言うことをしっかり理解して手法を使う。

これが最も重要な考え方です。
勝てない方というのは、恐らくこれができないのだと思います。

私もこれができるようになるまで、全く勝てませんでしたからね。
ただし、これができるようになると結果が全然変わってきたのです。

なので、FXで手法を使いこなすために最も重要な考え方があるとすれば、それは長短の足の流れをそれぞれ把握しつつ連動させると言うことかと思います。

これはもちろん既存の手法を使う場合にも当てはまりますが、新しく手法を作る際にも当てはまる考え方です。

手法を作るときに重要な考え方

手法を作るときにはどのような考え方をすれば良いのか、これも同じで長短の時間足をみて作るのです。

完全にゼロベースで作ろうと思うと難しいので、何かしら勝てないものでも良いので手法をベースに作っていくのですが、その時に気を付けたいのが長期の時間足の見方とエントリー時の手法を分けて考えるということです。

長期は長期で何らかの方法で方向性を見いだし、その方向に短期の時間足で有効な手法で仕掛ける。

これが基本的な考え方です。
私の場合は、長期は日足を使います。

日足で方向性をみて、どちらにすすむのか、どのようにすすむのかをざっくり決める。
そしてそれに沿った形で、1時間足や5分足を使って、いわゆる手法というようなものを活用して仕掛けていくのです。

私の場合はライントレードですから、1時間足を基準にラインを引いて、そのライン反発で5分足で仕掛ける。

そんなやり方です。
この基本的な考え方さえ崩さなければ、どんな手法を用いても良いと思います。

FXの手法の作り方

FXの手法の作り方ですが、先ほども書いたように何か実績のある手法を勝てなくても良いのでベースに使って作っていくと良いと思います。

私の場合、元々のベースの手法はボリンジャーバンドを用いたものから移動平均線を用いたものに変わり、そこから複数の移動平均線になり、余計なものを排除していくうちに徐々にテクニカル分析は少なくなりました。

結局、ボリンジャーバンドや移動平均線を表示させることもありますが、見ているのはほぼラインのみとなっていったのです。

この間、何をしたかというと、単純に検証と改善です。

まずが過去チャート、それで良い結果になればデモトレードや少額でのリアルトレードを行い、実際にトレードしてみます。

この時使う手法は本当に手法は何でも良いのです。
なぜなら、検証改善の過程で、ドンドン変化していくからです。

最初何を使おうがかまわないので、何となく自分に合うかなという手法を選んでください。

検証していく過程で良い結果にならなければ、なぜ良い結果にならないのか、それを徹底的に調べていくのです。

自分のトレードのどこに問題があるのか、それをしっかり検証していく。

問題があるところが見つかればそこを改善する。
ひたすらそれを繰り返していく作業です。

この時注意したいのは、先ほども書いた考え方。
長期足と短期足の同調です。

これを頭に入れながら、なぜ負けるのが、その原因はどこにあるのか考えながら検証してみてください。

悪いところがあれば改善、良いところなら残す。
それを何度も何度も繰り返し、その結果残るのが自分の手法です。

私の場合、検証改善の過程で、どんどんシンプルになって、結果ほぼラインしか使わないトレードにとなりました。

このあたりは人によると思いますが、こうして自分に合うトレード手法を作るしかないと私は思っています。

FXで勝つ方法は唯一こうして自分なりの手法を作り上げることだと私は思います。

以上、FXの手法の考え方についてでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする