FXで手法を学んでも勝てない最大の理由

こんにちは、kenです。

FXでは手法を色々学んでいるのに勝てないという人は沢山います。
私もそうでしたからよく分かります。

何百万も使って教材やスクールに通って手法を学んだのに全然勝てるようにならない、これはFXの世界では良くあること。

ではなぜ勝てるようにならないのか、勝てるといわれている手法を学んでも結果が出ないのか、今回はそのあたりについて書いてみたいと思います。

実は、この手法を学んでも勝てないのにはきちんと理由があるように思うのです。

FXで手法を学んでもなかなか勝てないのは当たり前

まず最初に知っておいてほしいのは、FXで手法を学んでもなかなか勝てないのは当たり前だということです。

これをまずは知っておいてほしいです。

どんなに優れた手法を学んでも、今まで勝てなかった人が勝てるようにはならないということです。

私の経験上ではもちろんのこと、一緒にFXを学んできた人達をみればそれは明らか。
手法というのは、学んですぐに勝てるようになるものではないのです。

では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

単純に手法というのはその人が勝てるようになるための要素のひとつでしかないのです。
例を挙げれば野球の試合で勝てるようになるにはどうすれば良いか考えてみてください。

バットを振っているだけで勝てるようには絶対になりません。

走り込んで足腰を鍛え持久力を付ける、チームワークを身につける、守備の練習をする、とうぜん送球が下手だと勝てないので投げる練習もする、そして実際に試合で沢山経験をする、こうしたいくつもの経験や練習を経て試合で勝てるようになります。

トレードも一緒なのです。
いくら手法を知ったところで勝てるようになりません。

それはただバットの振り方を学ぶようなもの。
確かに勝つための重要な要素ではあるものの、それだけでは決して勝てない、それが手法なのです。

正直、私は手法などが書かれている教材の販売方法には疑問があります。
だって、絶対それだけ学んで勝てるようになる人なんていないはずだからです。

それなのに、手法を知れば勝てるようになるようなことが書かれているわけです。
詐欺とまではいいませんが、誇大広告に近いものを感じます。

最近は、そういったいかにも誰でも勝てるようなことが書かれている教材は減りましたが、それでもまだあります。

買うのなら誰でも勝てるような書かれているもではなく、プロの手法や考え方が学べると書かれている良心的なものにすべきです。

誇大広告のものは内容も実は大したことないものがほとんどですからね。

もちろん、なかには他の全ての土台が揃っていて、手法だけ足りないという人もいるでしょう。

そういう人は手法だけ学べばすぐに勝てるようになると思います。
でも、そうじゃない人は絶対手法だけ学んでも勝てません。

それを分かっていないと、勝てるという手法を学んだのに全然結果が出ないということになってしまうのです。

手法は学んだだけでは勝てない、それは当たり前のことだということをまずは知っておいてください。

学んだ手法で勝てないのは使いどころが分からないから

では実際に何が足りていなくて勝てないのでしょうか。
色々な要素はありますが、最大の原因は手法を使いどころが分かっていないからだと私は感じています。

手法というのは必ず得意な場面、そうじゃない場面があります。
その手法はどういう場面が得意で、どういう場面が苦手なのか、これを理解していないと、その手法を使いこなすというのは不可能に思います。

いくら良い手法でも苦手な場面で使っていては絶対勝てるようになりません。
相場というのは色々な状況があります。

例えば、こうやって日足を見ただけでも、様々な状況があるのがわかると思います。

相場の状況の違い

例えば青い大きな四角は上下に波形を描いていく下落相場です。
長く続いていますね。

ある程度下がれば上昇し、ある程度上昇したらまた下落する。
そんな相場なので、安いところで売ると戻しで大きな損失になります。

下落トレンドだけどどこでも売れるというわけではないのです。

そして赤い四角は急激な上昇相場、ほぼ押し目もなく一直線に上がる相場です。
これは押し目がほぼ無いので、上がったところを買っていかなければ入れません。

指をくわえて見ているということになってしまいます。
押し戻しを待たずに積極的に突っ込み気味でエントリーするのがいい相場です。

緑の小さな四角は、それぞれのトレンドの中やトレンドの合間にあるレンジ相場です。
これは日足ですから3〜5本程度のレンジ相場でも、数日〜1週間のレンジ相場ということになります。

売りでも買いでも伸ばせばやられる、そんな相場です。
細かく利確していかなければ勝てないので、決済を早める必要がある代わりに、売りでも買いでも入ることができます。

こうしてチャート1画面見ただけでも、相場には様々な性格、値動きの相場があるというのがわかると思います。

こんな色んな状況があるのに、ひとつの手法で全ての状況で勝つというのは不可能なのです。
このどこで使うのが適切なのか、手法ごとに特徴や性格がありますから、使う場所を自分で判断して使わなければいけません。

これができないから、学んだ手法でなかなか勝てるようにならないのだと私は思います。
もし学んだ手法で勝ちたいのなら、その手法はどんな状況の時に使うべきなのか、そこを考えて検証してみてください。

以上、FXで手法を学んでも勝てない理由でした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする