FXで勝つにはトレードの回数や頻度はどのくらいが理想?

こんにちは、kenです。

FXで何とか勝ちたいと思っている人の中には、どれくらいの頻度トレードすれば良いのか、理想的なトレード回数について知りたいという方も多いでしょう。

私も昔気になったことの一つです。
実際どのくらいの頻度でトレードするのが勝ちやすいのか。

今回はそんなトレードの回数、頻度についてのお話しです。

実際勝っているトレーダーはどのくらいの頻度でトレードをしているのかを知ることで、自分のトレードにも役立てたいという気持ちはよく分かります。

私の場合を含め、そのあたりについて書いてみたいと思います。

FXで勝つのに理想的なトレードの回数や頻度

FXで勝つのに理想的なトレードの頻度ですが、正直なことを言えばその手法次第となります。
つまり、スキャルピングなら1日何回もトレードするのが普通ですし、デイトレードなら1日数回程度、スイングトレードなら数日に1回程度となります。

なので、理想的なトレード頻度というものは存在しないのです。
あくまでその手法次第ということになります。

ただ、平均的なトレード回数の目安みたいなものはあると思います。
スキャルピングに関して言えば私の周りにスキャルピングで勝っているトレーダーさんがあまりいないのでなんともいません。

朝から晩までチャートを見ている人と、夜の数時間しか見ない人ではトレードの頻度に大きな差がありますからね。

なのでスキャルピングに関してはなんとも言えないというのが現実。
一人だけ私がトレードを学んだ方の中にスキャルピングをする人がいましたが、その人の場合は夜の9時〜0時位までの3時間で3〜5回くらいトレードしていました。

スイングトレードに関しては週に1〜3回と行ったところでしょう。
もともと、日を跨いでポジションを保有する手法ですし、同時に複数にポジションを保有しない限り、そのくらいしかトレードできません。

デイトレードに関しては1日1回〜多くて3回というのが平均的なトレードの回数かと思います。

1日中チャートを見ている人でもそうです。
私も1日1回トレードするかどうかという感じ。

私の知る専業トレーダーさんも似たようなものです。
複数通貨見る人でも1日1回かせいぜい2回、多い日で3回の日もあるかな、そんな感じでした。

FXで勝っている人ってそんな多い頻度でトレードしているわけではないのです。
デイトレードであってもせいぜいそんなものだったりします。

デイトレードってそんなに沢山はトレードできない

割とデイトレードをしたいというトレーダーさん多いように思いますが、1日にトレードできるチャンスってそんなに多くないのが現実です。

1日中チャートを見ることができる専業トレーダーの人でも、先ほど書いたように大半の人が1日1〜3回程度のトレードしかできません。

これは逆に言えば、本当にとれるチャンスってそんなに多くないってことです。

今一度チャートの5分足や15分足で1日の値動きを見てほしいです。
今から3日分ほど平均的な値動きのチャートをみてみます。

いずれも5分足です。
まず最初がこれ。

デイトレードのチャンス

このチャートが5分足ほぼ1日分ですが、朝からチャートを見ていても、エントリーサインはこの際見ないとしても、そもそも大きくとれそうな値動きって四角の部分くらいしかありません。

夜の0時〜の値動きで、ココを取り逃せばこの日はほぼノートレード、途中トレードしても少ししかとれないか負けちゃうような状況です。

では、もう一つチャートを見てみましょう。

デイトレードのチャンス2

この日も朝からの四角の部分の値動きが大きいので、ここは狙うことができます。
しかし、これ以外の時間帯ってほぼ狙うのは不可能。

どんなに素晴らしい手法を持ってしても、そもそも値動きがほとんどないのでとれません。

朝方に大きく動いてますが、これは要人発言か何かかな?
入るのは難しいでしょう。

最後にもう1日見てみます。

デイトレードのチャンス3

この日は大きくとれそうなのが1回、小さくならとれそうなのが2回、動きがありますね。
当然、エントとリーサインが出るかどうかはまた別の話なので、3回とれそうな値動きがあったからと言って、その全てにエントリーするのは不可能です。

以上のように。実際1日の値動きを見ても、せいぜいとれそうな大きなトレンドが発生する動きは1日1回程度です。

小さな値動き入れても2〜3回。
下手すれば全然動かない日なんてのもあります。

値動き自体見てもそれしか動かないわけですから、そこからさらに手法でエントリーポイントを絞り込んでいくとなればチャンスはさらに減ります。

複数の通貨をみれば良いじゃないかと思いがちですが、実際動きと切ってどの通貨も似たようなタイミングで動くのです。

結局どれかにしかエントリーできませんから、複数通貨を見たからと言ってその分チャンスが増えるわけではありません。

これが現実です。
デイトレードの場合でも、実際トレードできるチャンスってそんなに多くないので、トレード頻度とは多くならないはずなのです。

中には毎日ガンガンとレードして、みたいなのを想像している人もいますが、実際チャンスはほとんどないということを覚えておいてください。

トレードで勝つには、いかに少ないチャンスを手にするかなのです。

以上、FXのトレードの頻度についてでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする