FXでロスカットが遅れる・間に合わない時の原因や対策

こんにちは、kenです。

FXをしていると、ロスカット遅れる間に合わないなんてことがあるかもしれません。
私も昔あったことなのですが、ここでロスカットしようと思っていても、ロスカットが遅れて間に合わず損失を広げてしまう。

そんなことが良くありました。

ロスカットしようと思っているところに限って、チャートの動きが早くロスカットが間に合わず、なんてことも良くあること。

今回は、その原因と解決法について書いてみようと思います。

FXでロスカットが遅れる・間に合わないときの原因

ロスカットが遅れたり間に合わない原因ですが、いくつか考えられます。
単純に見てなかったなんて時は遅れるのも当然。

しかし、チャートを見ていたのにロスカットが間に合わない、遅れるってこともあります。
そういう場合の大半は、値動きが早すぎてロスカットが間に合わないという場合のように思います。

私もよくそれてロスカットが遅れました。
例えばこんな場面です。

ロスカットが遅れる場面

元々ラインを下に割ってきたら、オレンジの!マークあたりでロスカットしようと思っていたのに、すごい勢いで下落してしまい、気がつけば赤い×印のところでロスカットするハメになってしまった。

こんなことって良くあると思うんです。
なぜそんなことになってしまうかですが、ここがはっきりした分かりやすい損切りラインだったというのがポイントです。

すでに何度も止められていて、ここを割り込めば損切りと考える人が非常に多いのです。
その結果、このラインの下にはロスカットがあつまります。

何かの拍子にそのロスカットに触れると、ロスカットで売られた結果レートは少し下がり、その下がったレートでまたロスカットが入り・・・雪だるま式にロスカットが発生。

ほんの数秒の間に一気にレートが動いてしまうのです。
そんなところで成り行きでロスカットを入れようとしても間に合いません。

気がつけば大きく下落してからの遅れてロスカットということになってしまうのです。
チャートを見ているのにロスカットが遅れてしまう理由の大半はこれです。

もちろん、そのロスカットの遅れには、思ったより大きく落ちてしまって、少し待てば戻るからそこでと思っているうちに徐々にレートは不利に・・・なんて甘い考えもあるでしょう。

しかし、根本は、こうした一気に落ちてしまう、ロスカットのたまり場で自分もロスカットしようとしているところにあるのかなと思います。

ロスカットは遅れたり間に合わない場合の対策は簡単

では、こうした局面にあたらないためには、ロスカットの遅れを防ぐためにはどうしたら良いかですが、方法は2つあります。

一つは、他の人のロスカットが集まっていない場所でロスカットするようにすることです。
もう一つは、逆指し値でロスカットを事前に入れてしまうこと。

この二つを徹底するようにしてください。
逆指し値でロスカットを事前に入れて置くことで、見逃したなどのミスによってロスカットが遅れるようなことはなくなります。

また、損切りポイントにレートに到達したことを確認してから成り行きで注文を出すより、事前にそのレートで逆指し値を入れた方が早くロスカットができ、遅れるようなことは少なくなります。

そしてもう一つ重要なのが、他の人のロスカットが集まっていない場所でロスカットするようにすることです。

いくら逆指し値でロスカットを入れたとしても、損切り注文が沢山入っている先ほどのようなポイントだと、どうしてもレートは不利な方向に滑ってしまいます。

じゃあ、どうするのか。
答えは簡単で、ストップが沢山集まっていないような場所に損切りを置くのです。

正確には、ストップが集まっていないような所で損切りできるように、エントリーを調整するのです。

ロスカットが集まっていない場所で損切りできるエントリーの重要性

恐らくトレードで上手くいってない人の大半は、どこでエントリーするのが適切かという難題に長く取り組み、頭を抱えているものと思います。

私もそうでした。
いくらエントリーの方法を試してもよい結果が出ない、ロスカットにかかってしまう。
そしてロスカットは遅れ損失が大きくなってしまう。

これを防ぐには損切りをロスカットが集まっていないところに置くのがベストですが、単純にエントリーを変えずに損切りだけ動かすと、損失が増えるだけです。

それでは意味がない。

なので、ロスカットだけではなく、エントリーも一緒に今までのポイントとはずらして考える必要があるのです。

私はこの方法でエントリータイミングを考えるようになり、そのおかげで今があります。

どういうことかというと、今までは非常に分かりやすいところでエントリーしていたわけです。
例えばこんなところ。

損切りが集まりやすいポイント

ここで入るのが悪いといってるわけではありません。
ダブルボトムの後のネックラインに引いたラインでの反発、非常に分かりやすく、分かりやすい形であればあるほどここで沢山の買いが入ります。

結果として、この赤いラインの下には非常に大きなロスカットが集まります。
ここを割り込めば、このあたりで買った人達は一斉にポジションを投げるわけでですからね。

問題は、ここに集まっているストップが多ければ多いほど、それを引っかけに来る動きが起こりやすくなりますし、直前のトレンドが大きければ大きいほどここの損切りは増えるということ。

いわゆるストップ狩りといわれるような動きで、大手のヘッジファンドが仕掛けているとか、FX会社が利益のために引っかけてるとか色々いわれていますが真実は分かりません。

しかし、実際にそういう動きはあります。

ネックラインピッタリで反発するようなことはまず無く、長いヒゲなんかでネックラインを大きく割り込み、ストップを引っかけた後急反発して何事もなかったように動く。

実際のチャートで見ると、赤○部分がストップ狩りの動きに見えます。

ストップ狩りの痕跡

実際ここがストップ狩りといわれる動きだったかは、その時相場を見ていないと分かりませんが、痕跡として実際にネックラインを一度抜け、その後戻すという動きがあるのは事実。

こうした部分にかかるような所で仕掛けると、損切りが間に合わなくなる、遅れるということが起こるわけです。

ではどうすれば良いのか、仕掛けをずらすのです。

損切りされにくい仕掛けのずらし方

どうやって仕掛けをずらせば良いのかですが、今回の例だとダブルトップ完成前に入る、完成後少し様子を見てから入るのいずれかの方法が良いと思います。

先ほどのチャートだとこんな場所です。

損切りが遅れないエントリー場所

1つ目のしっかりネックラインを抜けて下落を確認した後、トレンドがしっかり発生してからの戻りなどを売るという方法。

1個目と2個目の緑○のようなとこだと、その直上に損切りは多くありません。

次のポイントも緑丸2つのような所で入るのが良いと思います。
少しタイミングを後ろにずらすのです。

最後の所は、タイミングを少し早めるという方法。
ここはトリプルボトムのようになっていますが、ネックラインの青いラインを抜ける前にしかけて、ネックラインを抜けるところの損切りを刈る勢いを逆に利用しようという物です。

もちろんある程度長期保有しても良いし、1発目のストップ狩りの動きをとって利確でも良いのです。
こうした、分かりやすいポイントから少しずらすことで溜まっているロスカットに一気に持って行かれるという事態は防げるように思います。

以上、FXでロスカットが遅れる、間に合わないという場合の対策についてでした。

長くなりましたが、そういう損切りが多く負けているということなら、こうしてエントリータイミングを少しずらすことで損切りの位置もずらすのが最善の策だと私は思います。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする