FXのレンジは順張りと逆張りどっちの手法で攻めるのが正解か

こんにちは、kenです。

FXレンジでどう戦うかは人によって違うと思いますが、大きく分けると順張りで戦うのが、逆張りで戦うのかに分かれるように思います。

果たしてどっちの手法が有効なのか、今回はそんなレンジの戦い方について書いてみたいと思います。

そもそもレンジというのは、方向感のない状態のことです。
なので、順張りなんか使えるのかと思う人もいると思いますが、実は使えるわけです。

そして私自身はどんな手法で戦っているかというと、実は順張りも逆張りも同時に使う方法でトレードしていたりします。

そのあたりの話を今回はしてみたいと思います。

FXのレンジを順張りで攻める場合の手法

まずはFXのレンジを順張りで攻めるという場合の手法について書いてみようと思います。
FXはそもそも方向感がないのに順張りで攻めるというのはどういうことか、ちょっと混乱する人もいるかもしれません。

レンジを順張りで攻めるというのはこういう所ではいることをいいます。

レンジの順張り

これは比較的分かりやすい例ですが、トレンド発生時もその中にレンジができるということは良くあります。

そのレンジを大きなトレンドに逆らわず順張りで攻める。
これがレンジを順張りで攻める手法です。

こんな場面っていっぱいあります。
こんなところもそうですね。

上昇トレンド中のレンジ

これらはトレンド中に発生しているレンジで、トレンド方向に仕掛けるとこでレンジの中にいながら順張りで仕掛けることができます。

非常に有効な手法ですし、私も使っている方法です。
レンジって上の時間足でみればその前後にはトレンドがあるもので、そのトレンド方向に仕掛けることで順張りをすることが可能なのです。

FXのレンジを逆張りで攻める場合の手法

では次にFXのレンジを逆張りで攻める手法についても紹介します。
レンジ内でのエントリーの場合、上限からは売り、下限からは買いというのが基本的な戦略となります。

なので、上限のラインまでレートが来たら逆張り気味にエントリー、同じように下限に来たら逆張り気味にロングエントリーです。

こんな感じです。

レンジ相場の逆張りエントリー

下限と上限にラインを引いて、下限からはロング、上限からはショートをする手法。
この逆張りの場合注意しなきゃいけないのは、ラインタッチすぐではエントリーしない方が良いということです。

レンジの場合ラインをヒゲで抜けるなんてのは日常茶飯事。
なので、一度抜けるかもしれないというのを前提としたうえで入る必要があります。

抜ける可能性を考え、1発目のラインタッチは見送り、ブレイクしないことを確認。
次のタッチで抜けられなければそこでエントリーという手法がベストでしょう。

逆張りと言っても落ちるナイフを掴むようなトレードは危険です。
せめて抜けられそうもないことを確認した上でというのが安全です。

FXのレンジは順張りで攻めつつエントリーは逆張りですると良い

ではこの2つの手法どっちが良いのでしょうか。
実はどっちが良いのか、答えなんてありません。

どっちも良いからです。
実は私は、レンジでは順張りも逆張りもします。

これは順張りするときもあるし逆張りするときもあるということではありません。

順張りしながら逆張りもするのです。
そして、この方法こそレンジで勝つためのポイントだと思っています。

先ほどの順張りの所で使ったチャートと、逆張りの説明で使ったチャート、実は同じポイントなのです。

順張りは1時間足でのトレンド中のレンジを、逆張りのチャートはその1時間のレンジの部分を5分足で見たもの。

もう一度みてみましょう。
これが1時間足のトレンド中のレンジです。

上昇トレンド中のレンジ

四角の部分がレンジになっていますので、これを順張りで攻めていくといいですねというお話しをしました。

そして5分足の逆張りのチャートがこれなんですが、実はこれ上の1時間足チャートの四角の部分を5分足でみたものなのです。

レンジ相場の逆張りエントリー

順張りしながら逆張りするというのは、上位足でトレンド中に発生しているレンジを順張りの方向で攻める。

しかしエントリー自体は、時間足を落とし、上位足の順張り方向にのみ下位足で逆張りする。
今回の場合、5分足のロング側の逆張り。

これがいってみればこの手法の正解で、私自身この手法でトレードしています。

順張りなので仕掛けた方向には伸びやすく、逆張りなのでしかけも損切りもライン際で分かりやすいです。

以上、FXのレンジで戦うには順張りと逆張りどっちが良いの?というお話しでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする