FXのレンジブレイクでの戦い方は2つある!その手法を紹介

こんにちは、kenです。

FXのレンジ内で戦うのが苦手だという人はいると思います。
一般的にはレンジはレンジブレイクを待ってから仕掛ける、そんなことを考えている人が多いと思います。

FXでレンジブレイクを狙うということは、レンジを回避しトレンドがでる局面を狙うということですから、動く場面を捉えることができるので確かに合理的。

有効な手法だと思います。
有名な海外トレーダーもレンジブレイクだけ狙えば勝てる、というようなことを言っていたのを覚えていますから、良い方法だと思います。

今回は、そんなレンジブレイクを狙う手法についてです。
私はレンジブレイクを狙う方法は2つあると思っていて、今回はその手法、戦い方を紹介したいと思います。

レンジブレイクでやってはいけないエントリー

まず最初に紹介しておきたいのは、レンジブレイクでやってはいけないエントリーです。
たまにレンジブレイクを狙うというと、やってしまう人がいるのですが、この方法でエントリーするのは止めた方が良いです。

その止めた方が良いエントリー方法というのがこのポイントでのエントリーです。

レンジブレイクで避けたいエントリー

矢印のようなレンジをブレイクしたすぐの足でのエントリー。
これは絶対に止めた方が良いエントリーです。

もちろん、中にはここで乗らなきゃ置いて行かれてしまうような、勢いのあるトレンドが発生することもありますが、半分以上はブレイク後一度戻ってきます。

なので、ブレイク1発目の動きは見送るというのがベストです。

このようなレンジブレイク1発目の動きではいると、その後によくあるレンジ内へ戻す動きで損切りになる可能性が非常に高いです。

レンジブレイクは騙しになることも多々ありますし、騙しになった場合レンジ内に戻ってしまうので損切りに。

騙しにならなくてもレンジ上限下限まで一度戻すことも多く、そこで損を出してしまいます。
ここではいるのは勝率も効率も悪いのです。

レンジブレイクからの押し戻りを狙う一般的な手法

ではどこで入れば良いのか、最も簡単で一般的なレンジブレイクの手法といえば、レンジブレイクからの押し戻りを狙うパターンです。

こんなところですね。

レンジブレイクで狙いたいパターン

今回の場合だと上にレンジをブレイクして、その後一度レンジ上限まで戻ってから再度上昇していく場面、ここを捉えるのがベストです。

ここで入ることができれば、その後の大きなトレンドも捉えることができますし、何よりレンジ内に一度戻す動きでやられることがグッと減ります。

レンジ内に戻す動きを確認し、それでも上下や下限でサポレジ転換が起こり戻らないことをしっかり確認した後エントリー。

一番確実な方法です。
もう一例見てみましょう。

こんなところが入りやすいです。

レンジブレイクからのエントリー例

これがスゴく分かりやすい例で、ここは絶対に入るべきポイントです。

このレンジブレイクからのエントリーが最もスタンダードな手法。
まずはこれをマスターすることからかなと思います。

でも、もう一つレンジで入る方法があります。

レンジブレイク前にブレイクを想定して狙う手法

もう一つの手法ですが、どういうものかというと、レンジ内でレンジブレイクする方向に仕掛けるという手法。

レンジブレイクの手法のひとつなんですが、レンジブレイク前に仕掛けるというのがポイントです。

入る場所としてはここ。

レンジ内で仕掛けるレンジブレイク手法

レンジブレイク前のレンジ内部で仕掛け、そのままブレイクを待つという方法です。
このエントリー手法にはポイントがあります。

それは、必ず直前のトレンドの方向に仕掛けるということ
このチャートでは、直前が上昇トレンドで、その上昇トレンドの合間にでているレンジですから、必ずロングで仕掛けます。

レンジブレイクする前に仕掛ける方法なので、ブレイクする方向がある程度想定できていなければ機能しません。

レンジというのは直前のトレンドの方向にブレイクする可能性が高いものなので、直前にトレンドが発生している場合は、こういうレンジ内でのエントリーも十分可能です。

そしてここからエントリーできれば、その後の上昇の大きな値幅をとることができますし、ブレイク後レンジ内に戻ってきたとしても悪くても建値あたりで逃げることもできます。

非常に優れた手法なのです。

当然ですが、この手法はレンジ内のトレードにも使えます。
レンジ内のトレードが、レンジ下限からロング、上限からショートというのが王道。

レンジ内のトレードをしたとしても、直前のトレンドの方向にだけ仕掛けることで、勝率は非常に高くなります。

ただ、この方法だって当然負けることもあります。
こんな動きをした場合ですね。

レンジ内で仕掛けるレンジブレイク手法

トレンド後、レンジを形成し転換してしまった場合は負けます。
赤い矢印のところでロングすると1回目はレンジ上限で止められ、2個目の矢印は上限まで上がらず下にブレイクしてしまっています。

レンジ内で仕掛ける方法だとこうした動きの際はやられてしまいます。
しかし、これも決済次第ではどうにでもなるのです。

例えば、この1回目の仕掛けで、持ったポジションの半分をレンジ上限で決済するという方法もあります。

レンジ内での決済

1個目の矢印で仕掛け、半分をレンジ上限で決済してしまえば、後は損切りにかかっても利益で終わることができますし、その後ブレイクして上昇していけばさらに大きな利益を狙えます。

こうして、決済を工夫するこことで、この手法はより勝率の高いものとなるのです。
私がこの手法を使ってトレードするのは、そういう理由もあるからです。

レンジブレイクは2つの手法で狙っても良い

ここまでレンジブレイクは2つ手法があると書きましたが、この二つの手法を組み合わせて狙っても良いのです。

例えばこんな感じです。

レンジブレイクで2つの手法を組み合わせる

1個目の矢印でレンジ内で仕掛け、まずはレンジ上限で決済する。
そしてブレイクしたら、また押し戻りで仕掛ける。

今回紹介した2つのレンジブレイクの手法を組み合わせます。
私はこの方法で入るのがいちばん多いです。

まずはレンジ内でレンジブレイクを想定して仕掛け、ズバッと勢いよく抜けて行けば黙って見ていれば良いですし、レンジ上限で止まりそうならそこでいったん決済。

そして、その後ブレイクしたら、また押し戻りで仕掛ける。
これで、もし上限で上昇が止まり転換するような場合でもレンジ内トレードとしてしっかり利益を残すことができます。

もちろんブレイクしても、それに乗れるのでそこでも利益を出せます。
1個1個のトレードの利益は少なめになりますが、臨機応変に状況に対応でき勝率も上がる方法です。

なので私はこの方法でトレードするわけです。
以上、FXでレンジブレイクを狙う手法には2つあるというお話しでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする