FXのポジションを週末持ち越すメリットとデメリット

こんにちは、kenです。

FXをやっていると週末ポジションを持ち越すかどうか悩む場面も出てきます。
私の場合は基本デイトレードなので、日を跨ぐことがそもそも少ないのですが、それでも夜にエントリーしたポジションは持ち越します。

ただし唯一持ち越ししないと決めているのが金曜日の夜。
つまり、週末です。

週末は持ち越さないことにしていて、今回はその理由について書いてみようと思います。
週末のポジション持ち越しというのは、当然メリットもあるのですがデメリットも有るのです。

FXでポジションを週末に持ち越すメリット

まずFXでポジションを週末に持ち越すメリットですがいくつかあります。
ひとつずつ説明します。

チャンスを最大限生かせる

週末持ち越す最大のメリットは、金曜日の夜訪れたチャンスを生かせるという点です。
週末持ち越さないと決めている人は、金曜日の夜、いくらチャンスが来ても短期決済できそうもなければポジションを持つことができません。

その点、持ち越しを良しとしている場合は、金曜日の夜中でも遠慮なくエントリーできます。
チャンスがあれば最大限生かせるわけです。

週明け窓明けして大きな利益が出ることもある

そして当然ですが、週明けに窓開けなどが起こり、大きな利益が出ることも多いです。
そもそも窓明けを狙って週末ポジションを持つという人もいるくらいですから、これもメリットのひとつ。

窓開けしたところで利確なんて手法も使えます。
週明け窓を開けそうな方向にポジションを持つことで、寝ている間に大きな利益を得ることができるメリットがあるのです。

ポジションを週末持ち越す場合のデメリット

このようなメリットがあるわけですが、当然デメリットも存在します。
ポジションを週末持ち越す場合のデメリットをひとつずつ説明します。

窓明けして損切りが執行されない可能性がある

まずひとつは窓明けして損切りが執行されない可能性ですね。
窓開けで有利な方向にレートが進むこともあれば、当然不利な方向に進むこともあります。

不利な方向に大きく窓明けすれば、本来損切りしたかったところでできなくなります。
逆指し値で損切りを入れていれば、大きく窓をあけたかなり不利なレートで損切りが執行され、想定外の損失を被る可能性があります。

これが最大のデメリット。

週末の政治や発言などで大きな変動が起こる

もちろん週末政治や要人発言などで多くな変動が起こる可能性があります。
これは良い方向に起こることもあるし、悪い方向に起こることもありますから、どうなるか分からないというのが正直なところ。

どうなる変わらない=リスクです。
FXではリスク管理がとにかく重要です。

どうなるか分からない部分にお金を晒すというのは危険です。

どんなに不利な情勢になってもポジションを決済できない

もう一つ似たような問題なのですが、何か問題が発生したり、政治的な動き、要人発言があって、非常に不利な情勢になったとしても、週末だと損切り出来ません。

それこそ戦争が起こったり、どこかの国の大統領がとんでもないことを言い出したり。
相場が大きく動く要因は週末いくらでもあるのですが、すぐに決済すれば大きなダメージは避けられるものの週末では手出しできません。

これも大きなリスクとなります。

私が週末にポジションを持ち越さない理由

私が週末ポジションを持ち越さないのは、こうしたリスクが大きいからです。
FXのメリットのひとつに24時間相場が動いていて、何かあってもしっかり損切りが執行されるという点があると思います。

私も、それが大きなメリットのひとつだと思ってFXをしているのですが、週末というのは相場が動いてないのでそのメリットが生かせません。

何か起こってしまえば見ているだけ、どうか損失が大きくならないようにと祈ることしかできません。

私はこれをリスクだと考えています。

極力リスクを排除して、コントロールできるところだけを取るというのが私のスタイルなので、週末の持ち越しは絶対しないことにしています。

ただ、週末の持ち越しが悪いことだとはいっていません。

こうした大きな窓開けリスクも織り込んでしまえるのなら全く問題ないと思います。
私の場合はロットを上げて比較的小さな値幅を取りに行く方法なので、大きく100pipsなど窓を開けて損失を出せば致命的です。

しかし、元々損切りを大きくとるスイングトレードのような手法の場合、利益も100pips以上取れることも多いでしょう。

であれば、窓明けの100pipsの損失は十分コントロール下とも言えます。
十分窓開け損切りのリスクを許容できるのであれば、窓明けで大きな利益が得られるというメリットも生かせるのです。

ようは週末ポジションを持ち越すかどうかはその人のスタイル次第というわけです。

少なくても、日頃から十数pipsをとるようなトレードをする人は窓開けリスクは許容できないので週末の持ち越しはしない方が良いです。

しかし、元々利益も損失も100pips近い値幅を想定できるトレードスタイルならば、週末の持ち越しも全く問題ないと思います。

以上、FXでポジションを週末持ち越すのはありなのか、そして私が週末持ち越さない理由などでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする