FXではロスカットの回避はダメ!損切りを防ぎたい時にできること

こんにちは、kenです。

FXで誰もがロスカット回避したいものだと思います。
できるのならロスカットになんてかかりたくない。

でも、ロスカットを回避することはできませんし、そもそも回避してはいけません。
ロスカットは損失ではなく、自分の資産を守るためのセーフティーネットなのです。

そうはいっても損切りにかかれば資金は減りますから、このロスカットを極力防ぎたいという気持ちはわかりますし、私も極力防ぐための努力はしています。

今回は、そんなロスカットにできるだけかからないようにするための方法、ロスカットを防ぐ方法について書いてみたいと思います。

FXではロスカットを回避しちゃだめ!

まず最初に書いておきたいのは、ロスカットを完全に回避する方法なんてないということです。
ロスカットにかかりたくなくて、設定していたロスカットを外してしまうという行為は最もやってはいけないこと。

それで一時的に回避できたとしても根本的な解決にはなっていません。

そもそも本来損切りすべき場所で損切りしないなど、一時的にロスカットを回避する行動というのは、より自分の資産を危険にさらすことなので絶対にしてはいけません。

なぜロスカットをするかというと、想定外の損失を出さないためです。
ロスカットを入れないというのは、そのエントリーでいくら損するかわからないということになります。

ロスカットをしなければ、自分の思惑と反対にいくら進んでも決済せず含み損が増えていくばかり。
最終的には強制ロスカットとなり、相場次第で資金がゼロになることだったあるわけです。

確かに勝率も上がるでしょうが、例え100回勝っても、たった一度の大きな負けで全ての資産を失う可能性だって高いです。

それがロスカットを入れないリスクが非常に大きなトレード。
そんな状態でのトレードでは、いずれ大きな損失を出すのは目に見えているわけです。

ロスカットを入れないというのは、もはやFXで勝つ気が無いといっても良いくらい、資金を無くす可能性の高い行為なので、絶対にしてはいけないし、入れたロスカットにかかるのが嫌で回避のために損切りを執行しないなんてのも愚の骨頂です。

しかし、損切りに頻繁にかかっているようではいつまで経っても勝てません。
どうやって損切りを防げば良いのでしょう、

FXでロスカットをできるだけ防ぐためにできること

基本ロスカットを防ぐには、損切りの位置やタイミングを何とかしようと思うのではなく、エントリー側でコントロールするのがベストだと思っています。

つまり、損切りをあれこれいじくるのではなく、エントリーの時点で損切りにかかりにくい所でエントリーする。

これが最善の方法です。
具体的にどうすれば良いのか、いくつか方法を紹介します。

チャートポイントまでしっかり引きつける

まず一つ目はチャートポイントまでしっかり引きつけるということです。
例えばこんなところ。

チャートポイントまで引きつける

直前の安値の青いライン、ここまでしっかり引きつけて赤い矢印あたりまではエントリーを我慢しなきゃいけません。

間違っても、緑の矢印の部分で下げ止まりそうだからとロングエントリーするのは危険。
ここは損切りにかかりやすいです。

こいういう場面で転換狙いのロングエントリーをするのなら、チャートポイントのある赤い矢印あたりまでしっかり引きつけて、そこでエントリーするのが最も損切りにかかりにくくする方法です。

大きな流れに逆らわない

もう一つ重要なのが大きな流れには逆らわないということ。
例えば日足がこんな状態の時。

FXの大きな流れ

四角枠内のような上昇トレンド内にいる場合、ここでショートを打とうなんてのは問題外です。
ここは常にロングを仕掛ける場面。

こうした大きな流れ、トレンドに逆らった方向へのエントリーはロスカットされる可能性を飛躍的に上げてしまいます。

この局面で売りで入れば、ほとんどの場合で損切りされて終わるでしょう。

しかし、この局面をロングで入ってる限り、大半の場所は勝つことができる。
つまりロスカットを防ぐことができるのです。

エントリーする際に上位足をみなさいと言うのは、こうした理由があるからなのです。
必ず上位足の方向性に逆らわないように仕掛けることも、ロスカットを防ぐためには重要です。

相場の雰囲気を感じ取る

最後は相場の雰囲気を感じ取るということです。
空気を読むとも言えますね。

日本人の得意なことのひとつと言われていますが、周りの雰囲気を読み取って相場の動きを想定するのです。

これは、その日の値幅、どのタイミングで相場が動くか、これを読み取るのに有効です。
エントリーしてみたけど、思ったほど動かなくてレンジで損切りになる、そんなことも多くあると思います。

これを避けるためにも動き始める所を狙う、これからレンジになりそうな所では入らないなんてことが必要なんですが、それを読み取るには雰囲気を感じ取る必要があると思います。

相場の空気を読んで、レンジになりそうなら入らない、これから皆が仕掛けそうなポイントなら仕掛ける。

勝っているトレーダーはこうしたことができます
これは相場に長く身を置いて、動きを目の当たりにすることで感じられるようになるかなと思います。

損切りは回避するのではなくエントリーの工夫で防ぐ!

以上、ロスカットを防ぐ方法を紹介してみました。

損切りは回避できる物ではありませんし、回避するのではなく、かかりにくい場所でエントリーすることで防ぐ。

これが大事だと思っています。
特にすぐに損切りにかかってしまうような場合、エントリーポイントやタイミングが悪いということが大半です。

ラインや節目まできちんと引きつける、大きな流れやトレンドには逆らわない、そして相場の空気を読む、雰囲気を感じ取ることでその動きにタイミングを合わせる。

これらができれば、ロスカットにかかることはグッと減ると思います。
一番難しいのは相場の雰囲気や空気を感じ取ることかもしれませんが、これは毎日相場をみて、その中に身を置くことで養われる物です。

これを身につけないとなかなかタイミングはとれないと思うので、修行してみてください。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする