FXで勝率を上げるにはどうしたらいい?上げ方には2つ方法がある

こんにちは、kenです。

FXでどうにかして勝率を上げたい、そんなことを考えている人も多いと思いますが、私もその一人でした。

非常に低い勝率で、損切り貧乏になってしまっていたので、どうにかして勝率を上げて勝ち組になりたい!そんなことばかり考えていたように思います。

そこで今回は、どうやったら勝率を上げることができるのかについて書いてみようと思います。

いわゆるFXでの勝率の上げ方ということになりますが、実は大きく分ければ2つ方法があると私は思っています。

実際にいずれも私自身が行って、結果を残している方法なのですが、説明してみたいと思います。

FXで勝率を上げることはできる

まずFXで勝率を上げるというと非常に難しいことのように感じます。
実際、私自身勝率を上げるというのがスゴく難しく感じた時期もありました。

後ほど説明しますが、勝率だけを上げたいのならいくらでも方法はあります。

でも、勝率を上げた上でしっかり勝ちたいとなると、これはそう簡単ではなく、研究や工夫が必要だったりします。

今回はそのあたりのことを含めお話ししたいと思っています。
まずは、勝率の上げ方は2つあると言うことからですね。

FXで勝率の上げ方は2つある

勝率の上げ方は2つあると書いてきました。

一つはすぐにでも勝率を上げることができる方法。
もう一つは結構苦労する方法なのですが、それならすぐに勝率上げる方法で良いじゃん!と思うかもしれません。

しかし、これにはデメリットも有るのです。
ひとつずつ説明します。

決済を調整して勝率をあげる方法

一つ目が決済を調整して勝率を上げる方法です。
実はこれ、今すぐにでも取り組める方法ですぐに結果も出ます。

例えばですが、利確を5pips、損切りを100pipsに設定すれば、驚くような勝率になると思います。
恐らく90%以上の勝率は比較的簡単に出すことができるでしょう。

単純に利確を近づければ近づけるほど勝率は高くなりますし、損切りを大きくすればするほど勝率が高くなります。

これは相場の原理原則の部分で、すぐに誰にでもできる方法。
しかし、この決済では90%の勝率でも勝つことはできません。

利確5pips、損切り100pipsなら95%以上の勝率じゃなければ勝つのは難しく、90%の勝率を出したところでじわじわ負けていくだけなのです。

つまりこの方法というのは、単純に決済の場所を移動することで、相場の原理原則を応用して見た目の勝率だけを上げることが可能な方法です。

実際勝てるかどうかは別問題。

そんな方法使えないじゃないかと思うかもしれませんが、実はこの決済の位置で勝率をコントロールできるというのが非常に重要で覚えておくべきことなのです。

単純に勝率が高ければ良いというわけではなく、リスクリワードの比率と勝率合わせて考える必要があると言うことですね。

そして、自分の性格や手法によって、ある程度決済を調整するとこで勝率をコントロールすることができる、これは覚えておくべきことです。

これで勝率を上げれば明日からでも勝てる!という方法ではありませんが、FXで勝つためには覚えておくべきことです。

エントリーを工夫・改善して勝率を上げる方法

もうひとつ、これが非常に重要なのですが、エントリーを工夫することで当然勝率を上げることができます。

今までと同じ決済でも、損切りにかかりにくいところでエントリーすることで、勝率を上げることは当然可能なのです。

そして、勝てない人がまず最初に改善すべき、取り組むべきはこっちの方法。

具体的にどうするかですが、実はそれを説明するのは難しいのです。
というのも、改善すべきことはその人によって違うからです。

その人のトレード手法やその人の実際のトレードをみてみなければなんとも言えないというのが現実なのです。

ただ、いくつかを注目すべきなのはきちんと押し戻しでエントリーしているかとか、大きな流れに逆らっていないかとか、そのあたりのことになるかとおもいます。

具体的なエントリーポイントについても重要ですね。
そのあたりのことについては、私もいくつか記事を書いているので、そっちを参考にしてみてください。

FXで勝つための方法やそのための考え方、勝ち方などについて書いた記事をまとめています。 もし、まだ勝てていないという人は参考にして見てください。

実際、エントリーを改善することで、大きく勝率を上げることもできるので、特に大きな流れをみること、押し戻りを待つことなんかに気を付けてみてください。

勝率を上げるには決済もエントリーも重要

2つ勝率を上げる方法を書きましたが、実際のトレードで結果を出すには、実はこの2つを同時に行う必要があったりします。

つまり、エントリーの改善はもちろん必須、まずはそれを最優先にすべきですが、それと同時に自分の手法や性格を考え、最適な決済の位置、リスクリワード比率も考える必要があるのです。

私のようにせっかちでポジションを長く持つことで不安を感じるようなタイプの場合、利確は早めにすべきだと思います。

じゃなければ安定してトレードをすることはできませんからね。
利確を早めに行うということは、それだけ損切りも浅めにする必要があります。

そして、1回に大きくとるというよりは細かくコツコツ勝つという方が向いているので、リスクリワードの比率も1:1とか1:2位で考えると、勝率も高くなり私向きです。

ポジションを長時間持っているのが全く気にならないとか、普段仕事が忙しくてちょこちょこトレードするのは難しいから、ある程度長期間スパンをみてトレードしたいという場合は真逆です。

利確はできるだけ伸ばした方が良いわけですから、勝率よりもリスクリワードの比率を良くすることを考えたいです。

大きな流れに乗って、損切りも多少大きめに取り、利益はもっと大きくとる、そんなトレードもできると思います。

また、こうしたリスクリワード比率やトレードスタイルによって、エントリーすべきポイントも違うのです。

損切りを浅く設定するにはしっかりチャートポイントまで引きつけなきゃいけませんし、ある程度大きなスパンでトレードするのなら、損切りも深くできるので大きな方向性を基本みてブレイクなどでエントリーすることもできます。

以上のように、勝率を上げるには複合的に色々な面から見て、自分の性格を考慮したトレードスタイルの構築、エントリーポイントと決済の調整などが必要になると思います。

以上、FXで勝率を上げる方法と、上げ方についてでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする