FXでなぜ勝てないかわからない!勝てない理由と原因について

こんにちはkenです。

FXを長くやっていてもどうしても勝てない人という人はいます。
いますというか、ほとんどの人はそうかと思います。

私だって10年以上勝てませんでしたし、そもそもなんで勝てないのかが全く分かりませんでした。

勝てない原因や理由が分からないので、自分ではどうしようもない。
いくらトレードをしても、いくら勉強しても教材を買っても暗闇の中、洞窟の中にいるような気分。

そんな状態が続いていました。
なので、何で勝てないのか分からないという人の気持ちは分かるんです。

今回は、そんな勝てない理由が分からない人の気付きのヒントになれるかなと、勝てない理由や原因について書いてみたいと思います。

FXでなんで勝てないのかわからない理由

そもそもなぜFXで勝てないのか、勝っている人はいるのに自分は勝てないのはなぜかわからない、そう思っている人の大半は、どこかの歯車が狂っているんだと思います。

FXというのは基本分からない未来を占うようなもの。
未来の動きを予想して、その方向にポジションを持たなければ勝てません。

当然、神様じゃなければ未来の動きなんて分かりませんが、チャートなどを分析して未来の動きを想定して仕掛ける。

これがFXで勝つための方法だと思っている人がほとんどかと思います。

基本的には正解だと思います。
しかし、これには決定的に足りないことがあると思うのです。

それは相場参加者の心理です。

相場はテクニカルやファンダメンタルで動いてるわけじゃない

レートというのはテクニカルに沿って動いているわけでも、ファンタメンタルに従って動いているわけでもないです。

テクニカルやファンダメンタルを受けた相場参加者が、買いや売りを行うから動くのです。

テクニカル分析を使って相場の動きを予想しようとしている人は沢山います。
私もそうでした。

でもそれではどうしても勝てない。
どうしてかというと、そこに相場の心理が反映されていないからです。

テクニカル分析は決して相場の未来を売らなうものではありませんし、相場の方向性を決めるものでもありません。

正しく言えば、テクニカル分析などの判断基準は全て、相場参加者の心理を読むためにあるのだと私は思っています。

いくらテクニカル分析を勉強しても、色んな手法を買って勉強しても勝てないのは、テクニカルや手法でレートの方向を当てよう、予測しようとしているからです。

テクニカル分析で分かるのは、相場参加者がその場面をみてどう思うのか、それだけです。
手法というのは、それを織り込んで使わなければ、全く勝てないものなのです。

そもそもテクニカルやファンダメンタルで相場の先を予測するものではないのに、一生懸命テクニカルなんかを使って相場を予想しようとしてる。

これじゃあ、勝てないわけですし、やっている本人もそれで未来がわかると思っているので、なんで勝てないのか全然わからないということになります。

FXで勝てない原因は相場の見方の違うから

FXで勝てない原因は、こうしたそもそもの相場の見方の勘違いによるものかなと思います。

ほとんどの人はテクニカルやファンダメンタルというのは、相場の方向性をあてるものだと思っていますが、実際は違うわけです。

特にテクニカル分析がそうなのですが、テクニカル分析というのは相場の方向性を当てるための物ではなく、この先どうなるか分析するための助けになるものです。

そしてテクニカル分析を通してみるべきなのは、相場の行き先ではなく参加者の心理。
この場面で他の人はどう考えているのか、それを読み解くのにテクニカル分析を使うのです。

例えば、下のようなチャートですが、どうみるでしょうか。

ダブルトップの場面

ほとんどの人は、上にダブルトップができてそのネックラインを割ったから売りだろう。
そんな感じで見ると思うんです。

それは間違っていません。
でも、その見方は大事な部分がポツンと抜け落ちているのです。

私が思う正しい相場の見方や考え方

私なら先ほどの場面こうみます。

ダブルトップの場面の見方

基本的な見方は同じで、ダブルトップができてそのネックラインを引いてそこを割り込んだので、売る人が多くなりそう

そして、オレンジのラインは高値を付けた押し安値でもあるので、そこで買う人もいるだろう

それを踏まえて仕掛けるとすれば、青いラインまで戻って反発したら、オレンジのラインの買い勢力の入る分まで売るか、この売り買いの攻防を抜けたオレンジライン抜けでショートするか、入れるところで入ろう。

そう考えます。

つまり、ダブルトップのネックライン割れも、安値ブレイクも、それ自体が相場の動きを決めるのではなく、そこに入っている注文や相場参加者がそこでどうやって勝負してくるかを判断する材料でしかありません。

相場参加者がどこで仕掛けてくるか分かれば、あとはそれに合わせてポジションを持つだけ。
だからといって適当にエントリーすると負けますが、実績のある手法なら何を使ってもいいわけです。

相場はチャートの動きを読むゲームではなく他人の行動を読むゲーム

私がいつも思うのはFXというのはチャートの動き、この後のレートの動きを読むものだと思っている人がいますが、そうではなく他人の行動を読むものだと思っています。

この先どう動くのかを考えるのではなく、この先他の人はどう行動するのか、それを予測するゲーム、それがFXです。

それが分かっていないと、一生懸命神様しか分からないチャートの動きを予想しようとして勝てず、なんで勝てないのか分からないという状況に陥ります。

神様じゃないのですから、未来の動きを予想して当てるなんて基本無理です。

テクニカル分析というのは、単純に相場の方向性を占うのではなく、あくまで相場参加者の行動を把握するためのもの、私はそう認識しています。

そしてこれができるようになると、相場の動きが面白いように分かってきます。

負けてしまった場合はその読みを外したというだけなので、、なぜ負けているかわからないということもなくなると思います。

以上、FXで勝てない理由が分からないというときの原因などについてでした。

私がトレード学んだ教材

私がトレード学んだ教材

FXの教材は沢山ありますが、その中でも私がトレードを学んだのが佐野裕さんという方の教材。

FX業界では知らない人はいないとまではいいませんが、かなり有名なプロトレーダーで、トレーダーを育てる現役トレーダーでもあります。

私もこの佐野さんの教材に助けられ、何度もサポートして貰いながら、ようやく勝てるようになりました。

下の記事に詳しいことが書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

こんにちは、kenです。

FXで勝つためにははいくつか重要なことがあると思います。

手法云々より重要なことがいくつかあります。

非常に優れた教材で、今だこれ以上の教材を私はしりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろし より:

    こんにちは

    すいません、もしかしたら誤字だと思いご連絡差し上げました。

    序文の箇所の
    「オレンジのラインは高値を付けた戻り安値でもある」の部分ですが、

    ⇒「高値を付けた押し安値」の間違いではないでしょうか?

    • ken より:

      ご指摘ありがとうございます。
      おっしゃるように押し安値ですね!
      訂正しました。